テニス ストローク

ストローク

相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう

目次

ストロークで、相手のボレーヤーを狙う。

こういう場面、結構試合でも多いはずです。

ストローク同士の打ち合いのように、バウンド地点は見えない。

相手は、ネットにいるボレーヤーですからね。

これをどう攻略していくのか。

どこを狙って、どんなボレーをさせるのか?がキーワードになります。

 

相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう

 


 

1.あくまで、ボレーヤーに触らせるつもりで

これが基本のスタンスです。

相手に、触らせる、ボレーさせる。

エースになるのは、結果的にエースになる、くらいの感覚で良いんです。

まず、無理しないでしっかりボレーさせる。

ただし、アナタ自身にも明確な狙いが無いと、上手くいかない。

そう、どこでボレーをさせるのか?がキーワードになります。

 

2.バックのローボレーは、鉄板コース

これがまず、基本です。

どんなレベルでも、バックボレーの低い箇所、は難しい。

ですので、しっかりバックのローボレーをさせる、くらいの意識を持っておく。

ただ、狙い過ぎないこと、も大事です。

相手がネットから少し離れた位置、にいるのなら、無理やり沈めようとしないでも大丈夫。

ハッキリと狙うことで、アナタ自身の迷いが消えますからね。

ネットプレイヤーに対してストロークを振り切る、のって意外と難しいじゃないですか。

狙いを定めることで、迷いが消えて振り切れるはずです。

 

3.相手が前に来る前、に決めておく

シングルスでもダブルスでも、相手が前に来るときって流れの中、ですよね。

前衛を狙うなら話は別ですが、ほとんどの場合「後ろにいる相手が、前に来る」ような時に、どう打つのかが問題になる。

相手が前に来てから決める、のでは遅すぎる。

前に来る前、「もし前に来たら、こうしよう」というのは、先に決めておきましょう。

しっかり打つこと、には準備が大事ですからね。

決めておけば、しっかり早い反応が出来るはずです。

 

4.細かいコントロールは、振り切らないと安定しない

ネットプレイヤーに対して、ストロークを振り切ること。

これ、振り切らないとずっと安定しないですよ。

合わせるようなストローク、だけだとやっぱり厳しい、試合では勝てない。

大事な場面で、置きにいくだけになってしまいますからね。

振り切るには、狙いを作ること。

多少ずれても良い、しっかり振り切ることから全ては始まります。

 

ボレーヤーに対して、プレッシャーを感じ過ぎない。

どこを狙うのか、を先に決めておけば怖く無いですから。

これは、普段の練習、スクールのレッスンでも一緒ですよ。

狭いスペースでも、どこを狙ってボレーを触らせるのかを明確にしておく。

ただつなぐだけ、にはならないように意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術

    相手からエースを奪う。実際に、試合でこういう場面ってどれくらい…

  2. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?

    以前に、頂いたご質問の中で「なかなかフォームが固まりません・・・」とい…

  3. ストローク

    重たいスライス、で気付いたこと

    今年の2月、まだコロナウィルスで自粛の前に練習した、重たいスライス。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょう

    練習のときには気持ちよくポイントが獲れても、本番の試合ではガチガチにな…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  6. テニス 守備

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ
  2. 戦術

    上手い下手、強い弱いなんて簡単には分からない
  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ
  4. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!
  5. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう
PAGE TOP