テニス ストローク

ストローク

「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機会は多いはず。

現代テニスではラケットやガットが進化したので、とっさにラケットを準備して合わせる感じでも何となくストロークは打てる。

でも、それでは試合に勝てる守備的なストローク、にはならないでしょう。

守備的なんだけどしっかり安定している、そんなオープンスタンスにはある基本が大事です。

 

「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

 


 

■守備的なストロークとは、ただ返球するだけでは無い

よく勘違いされますが、守備的なストロークはただ相手のボールを返球すればOK、というものではない。

それが有効な守備になる、相手のミスにつながるのは3回戦レベルまで。

守備的なストロークで試合に勝つには、そこから「ニュートラル=中間」な状態に戻していくことが出来ないと意味が無い。

守りつつ、相手の攻撃力を押し戻していく。

つまりはしっかりコントロールされていること、そして深いボールを浅くならないように返球する技術が求められるのです。

 

■軸足がしっかりしているストロークは、土台があるから強い

オープンスタンスの軸足、皆さんは意識出来ていますか?

相手の深いボールに対して足を一歩、後ろに出したなら、その後ろ足が軸足になります。

体重をグッと乗せて、壁を作って待ち構えるイメージが大事です。

相手から攻撃されているときにも、打点はしっかり自分の身体の前に確保したい。

その為に、軸足に体重を乗せて土台を作るのから、まずは意識しましょう!

 

■しっかり膝を曲げれば、目線も下がって守備力が高まる

軸足になる足の膝、は意図的に曲げること。

膝を柔らかく使うことが出来れば、目線も低くなってミスが減る。

相手に攻撃されたときにも、冷静に目線を落とせばラケットの真ん中で捕らえやすくなる。

真ん中に当たれば、そうそう厳しいショットでも甘くはなりません。

その為にも、意識するのは軸足と体重の乗せ方、です!

 

オープンスタンスは現代テニスの主流ですが、しっかりと軸足を意識出来ている人は少ない。

フワフワして壁が出来ていない人、動きながら打っている人は、試合の大事な場面でミスにつながる。

普段の練習から、しっかり軸足を意識しましょう。

テニスは基本的に、どちらかの足が必ず軸足になる。

ここに気付けると、上達も速いです!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由

    現代のテニスは、ストロークのスピードが著しく進化しています。純…

  3. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

    相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。低く、安定…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス

    「気持ちがこもったテニス」を、みなさんは最近、目の当たりにしましたか?…

  5. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について

    今年も始まりましたね、熱い全仏オープンの戦いが・・・。やはり全…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
  3. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本…
  5. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?
PAGE TOP