テニス ダブルス

メンタル

テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いはどこにあるのか?

テニス選手は、試合に勝った負けたの繰り返し。

どんなに強い選手でも、ずっと勝ち続けることなんて出来ない。

だからこそ、大事な試合に負けたり、団体戦で自分に勝敗がかかって負けたり、そんなことの繰り返し。

モチベーションのコントロールは、テニス選手の大事な実力の一部です。

 

テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いはどこにあるのか?

 


 

■モチベーションのコントロールは、性格ではなく「技術」です

私自身、昔から引っ込み思案で、億劫な性格でした。

と言いますか、今でもそうだと思います。

ですが、そんな私でもモチベーションのコントロールは他の人より少し、上手いのかなと思う。

なぜなら、それは「性格」よりも「技術」の要素が強いから。

これだけは、声を大にして言えます。

よく前向きな性格の人は、モチベーションが高い・・・と思われていますが、本当にそうですか?

その人も上手く、技術的にコントロールしている可能性が高いと思います。

 

■モチベーションが低いことで「自分を責め続ける」のは無意味

モチベーションのコントロールが下手な人は、とにかく自分を責める。

モチベーションが低い自分を責めて、さらにモチベーションを下げていくからキリが無いんですよね。

落ち込む自分も、認めてあげると楽になります。

負けたら本気で落ち込む、やる気が無くなるくらい、その試合にかけてきた訳じゃないですか。

落ち込まない方がおかしい、くらいに考えましょう。

こういった少しずつの考え方次第、でモチベーションは変わるのです。

 

■「年中モチベーションが高い人」は、ただの勘違い

モチベーションが低いこと、は決して悪いことでは無い。

むしろ「ずっと高いです!」と言っている人の方が、私はどうかしてるんじゃないかと思ってしまう。

無理は絶対に、続かない。

低いときは低いで良いし、そのまま試合に入ることだってある。

モチベーションが低いときのテニス、アナタはどんなテニスかイメージ出来ますか?

意外と、悪いものじゃないかも知れませんよ。

冷静に客観的になれて、意外と勝てたりすることもある・・・のが、私の経験です。

 

モチベーションのコントロール、もっと楽に考えて良いと思います。

私はいつも、「低いときは低いときで良い」くらいに考えて、他人に迷惑をかけないこと以外は気にしない。

そんなときに自分を責めると、きっと周りからすると「何だコイツは?」みたいになる。

「こっちは真剣に悩んでるのに・・・」と思って、周りとギャップが生じてしまう。

思いっきり落ち込んでいるときは、無理にテニスをする必要だって無い。

もっと楽に、肩の力を抜いて自然体で、いきましょう。

それも立派な、モチベーションのコントロールです。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

    テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。確…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

  4. テニス 雑誌

    メンタル

    私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです

    テニスって、考えてみればすごく自由なスポーツ。と言うのも、ルー…

  5. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

  6. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
  2. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  4. 戦術

    いつもアングル、という選択肢を持つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです…
PAGE TOP