テニス メンタル

メンタル

「とにかく勝ちたい!」と気負うよりも、「どうやったら負ける確率を下げることが出来るのか?」を考えよう

大事な試合、とにかく勝ちたい。

勝ちたい、勝ちたいだけだと、どうしても人は堅くなる。

自分で自分にプレッシャーをかけてしまうこと、がテニス選手としてはよくあること。

勝ちたいなら、負けないこと。

負ける確率を下げる、ことについて改めて考えてみましょう。

 

「とにかく勝ちたい!」と気負うよりも、「どうやったら負ける確率を下げることが出来るのか?」を考えよう

 

1.「先行逃げ切り型」が大前提です

当たり前、と思うかもしれませんが、当然の話。

テニスに試合、負けたくなければ先行逃げ切り型、を基本と考えましょう。

相手に先行されて、1セットマッチなら5ゲーム目を先に獲られてしまうと、そこからは「負け」がどんどん近くなる。

もう、一つのミスが負けにつながってしまう・・・という状況は、長く持たない。

逆に言えば、アナタ自身がこういう「5ゲーム目を先に獲る」意識が凄く大事。

だからこそ、先行逃げ切り型、こそテニスの基本であるという意識を強く持って準備しましょう。

 

2.徹底的な、「現実主義者」になってみよう

ともすれば、これは「つまらないテニス」かも知れません。

でも、負けにくい選手になるには、しっかり現実的なテニス、で試合を考えないといけない。

ほとんどの選手は、夢見がちにコートに入って来て、自分のやりたいテニスをやって、負けて去っていく。

テニスの試合は、あらゆる局面でショット対ショット、の繰り返し。

どこで戦えば、自分が優位に立てるのか。

サーブ、リターン、ストローク、ネットプレー・・・で、相手としっかり現実的に向き合う、選手が負けにくい選手。

これは、意識次第で誰にでも出来ることでしょう。

 

3.今までの自分の試合を、先入観を取り除いて振り返ってみよう

今までの自分の試合、どうですか?

冷静に思い出したり、動画があればゆっくりじっくり、再生してみましょう。

そこで、「何でこんな、自分から負けるような試合してるんだ・・・」と思うポイントがあるはず。

でも、それってアナタが毎回繰り返している、「当たり前」のルーティーンかも知れない。

先入観があるから、それが普通になって見える。

これはすごく危険なこと。

例えばファーストサーブを思い切り打ってフォルト、バックハンドを狙われて自滅。

こういう試合に気付けるかどうか、が負ける確率を減らしていけるかどうか、の鍵になります。

 

負ける確率を減らしていく。

そこに、テニス界の常識やアナタのテニスのキャリアで身に付けたもの、は・・・もしかしたら弊害にしかならないかも知れない。

私もこの記事を書きながら、新しいアイデアを探しています。

テニスの試合、究極に負けにくくなるには、どうすれば良いのか。

一つだけ言えることは、客観的な現実主義、になることですね。

そんなの、つまらないテニス?

そう言われても、私は明日からも考え続けていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

    テニスをやってきて、良かったなと思うこと。もしかしたら、テニス…

  2. メンタル

    負けること以上に、勝つことから逃げてはいけない

    テニスの試合は、必ず勝敗が付く。当然勝ちたいし、その為に頑張…

  3. テニス 練習
  4. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い

    試合で必要なメンタル。練習で鍛えているつもりが・・・、いつの間…

  6. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備

    試合前、緊張感が高まる場面をどう過ごすのか。試合が始まるまさに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  2. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  3. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽に…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
PAGE TOP