テニス メンタル

メンタル

今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

もうすぐ4月。

何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい・・・そう考えている人も多いんじゃないでしょうか。

もっとテニスも上達させたい、と考える人にお勧めしたいのが「自分自身を客観的に見つめる」ということ。

その為にどんなことが必要なのか、どんな方法があるのかを今回はまとめてました。

 

今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

 


 

1.テニスを活字にする

日々のテニスの試合、練習で起きたことや感じたこと、結果のスコアなどをノートに記して残しましょう。

スポーツで自分の感覚を言葉にするということは、実はすごく意味があります。

感覚を言葉にするには、自分自身でしっかりと振り返り消化していかないといけません。

細かいことを活字にすることで、きっとあなたのやるべきことも見えてきます。

 

2.数値に着目する

1.の「活字にする」に近いのですが、試合で数値に着目してみることも大切です。

自分のサーブの確率、リターン返球の確率は?

そこから入ったときのポイント奪取率は・・・?

試合を見に来ている人に頼んで、数ゲームで良いのでデータを取ってもらうこともできますし、勇気を持って頼んでみましょう。

自分の結果に眼をそむけたくなることもあるかと思いますが、それも大きな第一歩です。

 

3.動画を撮影する

2.の「数値に着目する」為にもお勧めなのが、動画で試合や練習を撮影するということです。

データもゆっくり取れますし、自分自身のフォームや陣形を客観的に見ることができます。

テニスの上達が早い人は、自分が描いているセルフイメージと実際の動作のギャップが少ない人。

まずはしっかり動画を見て現実を直視し、セルフイメージを近づけていけるように反復練習をしていきましょう。

最近は安価でも広角撮影可能なデジタルビデオカメラも発売されてますので、ぜひ探してみてください。

 

4.初見の人に自分のテニスについて聞いてみる

普段よく練習する仲間以外に、例えば試合での対戦相手などあまり普段テニスを一緒にしない人に、自分のテニスに対する印象を聞いてみましょう。

「サーブの印象は?」「ネットプレーはプレッシャーだったか?」「試合はやりやすかったか?」など、少し勇気がいるかも知れませんが、きっと大きなヒントをくれるはずです。

人によってその印象は大きく変わりますので、この癖をつけて色々な人とコミュニケーションが取れるようになると、「自分のテニスはこういう人には効く、こういう人は逆にやりやすいと思われる」という傾向も分かってきます。

そうやって自分のテニスを外に出していける人は、本当に上達も早いです。

 

5.自分自身のテニスのルーツを探る

これはテニスに限らず・・・ですが、自分自身のルーツを探ることも大切な行動です。

テニスを始めたきっかけ、なぜやりたいと思ったのか。

今の自分のテニスの持ち味、特徴はどこから生まれてきたのか。

たまに自分の過去を振り返り、見つめ直すことで、新しい発見と未来が見えてくるはずです。

今のあなたのテニスには、必ずそのルーツと背景があります。

ぜひそこも大切にしつつ、新しい自分を開拓する未来へ進んでいきましょう。

 

今回は、「自分を客観視する」というテーマでしたが、この作業は実に苦しい。

それでも乗り越えた先には、きっと自分自身のテニスを受け入れることができ、新しい技術や環境にチャレンジできる気持ちになれているはずです。

新しい生活が始まるこの時期、ぜひご自身を見つめ直すということを、テニスから始めてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  2. メンタル

    使えないと思う技術にこそ、突き抜けるチャンスがある

    最近とにかく、伸び悩んで結果が出ない。何かを変えていきたいけ…

  3. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

    皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?試合以外の場所…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選

    テニスは個人種目であり、メンタルトレーニングが重要なスポーツと言われて…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう

    最近また「ゾーン」という言葉を、よく聞くようになりました。テレ…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

特集記事

  1. その他

    テニスの試合に必要な、「深視力」を養おう
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと
  3. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識する…
  4. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
PAGE TOP