メンタル

ノンプレッシャーのテニス、面白い?

プレッシャーも無く、伸び伸びとテニスをする。

良いんです、最初は。

楽しいけど・・・でもどこか、満たされない。

そう感じたことが、試合へのきっかけだったりすると思います、みなさんも。

いざ試合に出れば、プレッシャーは凄いし苦しいことばかり。

でも、それが楽しいからテニスを続けてる。

みなさん、そうじゃないですか?

 
 

ノンプレッシャー、逆に辛い

何となく、ボールを打ち合う。

目的もなく、ただラケットでボールを打ち合うだけ。

ミスしても何も感じない・・・。

こうなったら、私はもうテニスが面白いとは思えない。

いや、たまには良いですよ、たまには。

年末年始で、こういうテニスをする機会もあります。

気の置けない仲間で集まって・・・みたいな感じで。

でも、それでもつい、真剣勝負になってしまうんですけどね。

一度、勝負の楽しみを知ってしまうと、もう止められないですから。

ノンプレッシャーのテニスって、逆に辛いんですよ。



勝敗があるから、成長出来る

私は、これが大きいと思います。

何歳になっても、テニスを通じて自分が成長出来る。

正直、それ以上に楽しいことって無いですよ。

勝敗がある、本気の勝負がそこにあるから、成長出来る。

そこには、やはりプレッシャーは要素として付いて来る。

勝敗があるから、本気で考えるし、必死になる。

必死に喰らい付いていく為に、自分を変える。

勝敗があるからこそ、プレッシャーがあるからこそ、だと私は思いますよ。



プレッシャーは、楽しんだもの勝ち

何度か書いて来ましたが、強い人はこれが上手い。

これも、一つのテクニックです。

試合の現場でも、プレッシャーを楽しんでいく。

楽しむためには、自分たちがどうするか、を考えないといけない。

負ければ悔しいし、その悔しさを隠してはいけない。

本気の勝負、これを嫌がる人もいるでしょう。

ノンプレッシャーのテニスしかしたくない、という人もいるでしょう。

それが楽しいなら、それで良い。

私たちはどうか、という話ですね。

   

アナタ自身が面白い、ことに未来がある

面白い、と感じること。

アナタ自身が、刺激を受けること。

これをぜひ、テニスでも感じて欲しい。

もちろん、テニスの試合に出続けていれば、嫌になることもあります。

勝てば面白い、でも負けてばかりだと心が折れますからね。

でも、試合に勝って面白い、と思えることに、アナタ自身の未来がある。

負けて悔しい、と思えるのも、試合が面白いからじゃないですか。

ぜひ、自分と向き合って面白いテニス、続けていきましょう。



もう、試合は良いかなと。

思う時期もあると思います。

良いんです、一旦真剣勝負の場から離れても。

そしてまた、アナタ自身が戦いたいと思ったら、戻ってくれば良い。

ノンプレッシャーのテニス、を楽しむのも良いでしょう。

本当に自分が面白いと感じるものは、何なのか。

答えはアナタ自身の中にしか、無いんです。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

    格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。リードしても落ち着か…

  2. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと

    冷静に攻撃し続けて、相手を仕留める。またはミスを誘うために、必…

  3. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない

    試合の中で、「これは思い通りいったな・・・」という経験、みなさんどの程…

  4. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう

    テニスの試合、みなさん「序盤」ってどうですか?一番難しい・・・…

  5. テニス 粘り

    メンタル

    テニスは試合自体が楽しいんじゃなくて、試合を通じて自分が成長出来ることが楽しいんです

    テニスの試合、みなさん秋は特に多いんじゃないでしょうか。正直、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです

    セルフコントロール、出来る人は試合で強い。特に、自分で自分を鼓…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない
  2. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから
PAGE TOP