メンタル

自分にプレッシャー、相手はそれ以上

試合の中で、プレッシャーを感じる。

それは、ある意味当然のことなんです。

それがあるからこそ、試合は楽しいし、勝って嬉しさを感じられる。

負けて悔しい、と本気で想うことも出来る。

試合の現場で、私がいつも考えていることはこれ、です。

 

自分にプレッシャー、相手はそれ以上

 


 

1.プレッシャー、望むところ

試合の中で、緊張する。

これは、それを味わいたくて出ている、くらいに考えておいた方が良いでしょう。

結果的に勝つにせよ負けるにせよ、試合では緊張するポイントはある。

だからこそ、プレッシャーを受け入れる、味わう、楽しむ。

緊張感、望むところという意識が大事。

プレッシャー、望むところじゃないですか。

なぜなら、アナタはそれにもう強いメンタルになっているからです。

 

2.相手の方が、はるかにプレッシャーは大きい

どんなポイントでも、相手にもプレッシャーがかかる。

自分にだけプレッシャーがかかっているような場面、試合では少ないでしょう。

大事なポイントって、実力が同じであればお互い意識が似ている。

「ここが大事なんだ・・・」と、お互い思っているはずですから、当然相手にも大きなプレッシャーがかかる。

相手にもプレッシャーはかかっている、それはきっと、自分以上のモノだ。

と感じることが出来れば、大抵ポイントは取れますよ。

 

3.もう、メンタルは鍛えられているはず

実際に、アナタ自身も感じているはずです。

このT-PRESSを読み続けている方であれば、「こういう話、前にもあったな」と感じますよね。

そう、もうこの手の話をたくさん読んでいるアナタは、メンタルが自然に鍛えられている。

合理的で客観的に、試合を俯瞰して遂行できる。

プレッシャーを楽しむ力は、相手より上でしょう。

つまりは、強くなっているということ。

それだけ、このT-PRESSを読み続けることって、私は根気が要ることですし大変なことだと思いますよ。

 



 

4.なぜ、試合に出るの・・・?

そもそも、ここを考えてみましょう。

みなさんは、テニスを続け試合に出ている。

普通にボールを打ち合うだけではなく、あえて戦いの場に身を置いている。

それって、やはり「プレッシャーを楽しめている」からだと思います。

辛いこともたくさんある、でもそれを乗り越えた先に、嬉しい想いが出来ることも知っている。

プレッシャーに強くなるメンタル、をもう備えているのがアナタ自身、なんです。

これだけは、しっかり覚えておいて下さい。

 

5.お勧めの練習法

これに、練習法って何かあるの?と思いますよね。

私は、自分の今までの試合をしっかり振り返ること、だと思います。

テニスノートに記録を残していると、こういう時に役に立ちます。

自分がいままで、プレッシャーのかかる場面でどういうプレーをしてきたのか。

それは、なぜなのか。

プレッシャーというモノを、常に身近に置いて、味方にする。

それは私が書いているT-PRESS以上の価値、があると思いますよ。

 

プレッシャーから、逃げないこと。

試合に出ている人、勝っている人は、常に自分の味方に付けている。

でも、それはアナタ自身も出来ること。

大事なポイントほど、自分は力を発揮出来ると、自分で冷静に思えるようになる。

そこから、本当に強いテニス選手になっていけるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  2. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

    リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。でも…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  4. テニス 試合

    メンタル

    自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟

    テニスを長く続けていると、色々な人と出会います。そして、色々な…

  5. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  6. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない

    全力を出し切って試合を終える。簡単なようで、なんと難しいことで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける
  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせて…
  5. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?
PAGE TOP