テニス スポーツ

メンタル

プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

試合でメンタルが弱い、そんな自分が嫌で変えたい・・・という人。

今年こそ、という気持ちが強いんじゃないでしょうか。

でも、私が思うに、プレッシャーとの向き合い方って、間違えてしまうと逆に自分を追い込んでしまうことにもなる。

テニス選手として試合に出続けていく限り、この問題からは離れられない。

どう付き合うか、向き合うか、が大事じゃないでしょうか。

 

プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

 

1.プレッシャーが無くなる日は、永遠に来ない

どんなにアナタが成長しても、それこそ強くなっても、無くなりません。

自分が試合に出ている限り、プレッシャーに強くなることは出来ても、なくなることは無い。

このあたり、しっかり受け入れていかないといけない。

「プレッシャーに勝つ!」と聞くと、ものすごい気迫でプレッシャーをかき消していく、凌駕していくようなイメージですが、そうじゃない。

プレッシャーに押しつぶされそうになっても、「技術で乗り越える」だけの話だと思います。

すごくライトで、人間味が無い・・・ように思うかも知れませんが、プレッシャーと「勝負」してはいけない。

私はそう思います。

 

2.勝ち負け、じゃなくて、「自分と共に戦う仲間」

私は、こう考えています。

試合で、どうしても緊張する場面。

プレッシャーを感じても、自分の敵だとは思わない。

跳ねのけようと思うのではなく、自分の手元に置いておく。

「このプレッシャーが感じたくて、俺はテニスをやってるんだ!」と思うようにしています。

いや、正直しんどいことばかりですけどね・・・でも、まんざら嘘でも無いと思うんですよ。

プロでも無い私たちが試合に出て、何を求めるかってこういう「緊張感」じゃないですか。

これを乗り越えた先に、成長出来る自分がいるはず。

プレッシャーとは、戦うのではなく「共に」戦うこと。

この意識だけで、試合で感じる雰囲気はだいぶ変わってくると思いますよ。

 

3.プレッシャーは当然、相手も感じている

試合で勝っている時も、負けている時も、考えて欲しい。

自分が感じているプレッシャーと、同じかそれ以上のものを、相手も感じているということ。

アナタ自身が負けている時に、よりプレッシャーって強く感じてしまいがちですが、相手も「勝ち切る」ことへのプレッシャーは感じている。

そのプレッシャーは、大事なアナタの味方です。

相手をビビらせてくれる、良い仲間。

自分だけが苦しい、と思いがちなんですよね・・・つい、試合では。

プレッシャーを敵として戦っている内は、ずっとしんどいと思いますよ。

もっと長く付き合う仲間、同時に敵を弱らせてくれるモノ、としてフル活用していきましょう!

 

4.相手へのプレッシャーは、アナタ自身が生み出していくもの

最も大事なのは、ここです。

プレッシャーは、どんどんアナタ自身が生み出して、相手に与えていくもの。

前衛で動く、ネットに出る、サーブのコースを変えたり、打つコースを隠すこともそうですね。

相手が「嫌だな」と思うことを、小さくても積み重ねていくことが大事。

待っていても、このプレッシャーって生まれては来ないのです。

人が生み出したプレッシャーって、強いですよ。

自分で勝手に感じるもの、よりもずっと強いし、しつこい。

そんなプレッシャーを与えるようなプレーが出来れば、もうアナタは立派なテニス選手です。

 

メンタルが弱い、プレッシャーに負けてしまう、という人。

本当に、ちょっとしたことで、テニス選手としてのスタンスで変わると思います。

試合に出続けている限り、プレッシャーと敵対してはいけない。

勝つ負ける、じゃなくてずっと一緒に歩んでいくもの。

アナタ自身の成長を手助けしてくれる、最高のパートナーですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    ほとんどの試合は、マッチポイントの前にとっくに終わってる

    テニスの試合での、大逆転。みなさん、どれくらい経験して来たでし…

  5. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイント

    試合に向けてバッチリ練習して、準備万端!で挑める試合って、実際…

  6. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、ス…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
  5. メンタル

    挑戦や失敗を、楽しめるスタンスが大事
PAGE TOP