テニス スポーツ

メンタル

プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

試合でメンタルが弱い、そんな自分が嫌で変えたい・・・という人。

今年こそ、という気持ちが強いんじゃないでしょうか。

でも、私が思うに、プレッシャーとの向き合い方って、間違えてしまうと逆に自分を追い込んでしまうことにもなる。

テニス選手として試合に出続けていく限り、この問題からは離れられない。

どう付き合うか、向き合うか、が大事じゃないでしょうか。

 

プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

 

1.プレッシャーが無くなる日は、永遠に来ない

どんなにアナタが成長しても、それこそ強くなっても、無くなりません。

自分が試合に出ている限り、プレッシャーに強くなることは出来ても、なくなることは無い。

このあたり、しっかり受け入れていかないといけない。

「プレッシャーに勝つ!」と聞くと、ものすごい気迫でプレッシャーをかき消していく、凌駕していくようなイメージですが、そうじゃない。

プレッシャーに押しつぶされそうになっても、「技術で乗り越える」だけの話だと思います。

すごくライトで、人間味が無い・・・ように思うかも知れませんが、プレッシャーと「勝負」してはいけない。

私はそう思います。

 

2.勝ち負け、じゃなくて、「自分と共に戦う仲間」

私は、こう考えています。

試合で、どうしても緊張する場面。

プレッシャーを感じても、自分の敵だとは思わない。

跳ねのけようと思うのではなく、自分の手元に置いておく。

「このプレッシャーが感じたくて、俺はテニスをやってるんだ!」と思うようにしています。

いや、正直しんどいことばかりですけどね・・・でも、まんざら嘘でも無いと思うんですよ。

プロでも無い私たちが試合に出て、何を求めるかってこういう「緊張感」じゃないですか。

これを乗り越えた先に、成長出来る自分がいるはず。

プレッシャーとは、戦うのではなく「共に」戦うこと。

この意識だけで、試合で感じる雰囲気はだいぶ変わってくると思いますよ。

 

3.プレッシャーは当然、相手も感じている

試合で勝っている時も、負けている時も、考えて欲しい。

自分が感じているプレッシャーと、同じかそれ以上のものを、相手も感じているということ。

アナタ自身が負けている時に、よりプレッシャーって強く感じてしまいがちですが、相手も「勝ち切る」ことへのプレッシャーは感じている。

そのプレッシャーは、大事なアナタの味方です。

相手をビビらせてくれる、良い仲間。

自分だけが苦しい、と思いがちなんですよね・・・つい、試合では。

プレッシャーを敵として戦っている内は、ずっとしんどいと思いますよ。

もっと長く付き合う仲間、同時に敵を弱らせてくれるモノ、としてフル活用していきましょう!

 

4.相手へのプレッシャーは、アナタ自身が生み出していくもの

最も大事なのは、ここです。

プレッシャーは、どんどんアナタ自身が生み出して、相手に与えていくもの。

前衛で動く、ネットに出る、サーブのコースを変えたり、打つコースを隠すこともそうですね。

相手が「嫌だな」と思うことを、小さくても積み重ねていくことが大事。

待っていても、このプレッシャーって生まれては来ないのです。

人が生み出したプレッシャーって、強いですよ。

自分で勝手に感じるもの、よりもずっと強いし、しつこい。

そんなプレッシャーを与えるようなプレーが出来れば、もうアナタは立派なテニス選手です。

 

メンタルが弱い、プレッシャーに負けてしまう、という人。

本当に、ちょっとしたことで、テニス選手としてのスタンスで変わると思います。

試合に出続けている限り、プレッシャーと敵対してはいけない。

勝つ負ける、じゃなくてずっと一緒に歩んでいくもの。

アナタ自身の成長を手助けしてくれる、最高のパートナーですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損ですよ

    プロ選手でもよくやる、ポイント間のルーティーン。これって、実は…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる

    テニスの試合は、厳しく辛い。負けてくるとコートから逃げ出したく…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

    もうすぐ4月。何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい…

  5. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか

    試合の中で、自分自身を強く持てるかどうか。それは、こういう場面…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めた方が良い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉
  4. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる
  5. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう
PAGE TOP