テニス メンタル

メンタル

対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。

ネットを挟んだ相手、は敵ではありますが、同時に試合を作り上げていく協力者でもある。

敵だと思うと、どこかで恐れてしまう感覚、拭えないですよね。

試合が出来る、今まさにこの瞬間、に感謝してみることって大事じゃないですか?

 

対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

 


 

1.対戦相手がいなければ、試合もテニスも出来ない

当たり前ですが、これは非常にありがたいこと。

テニスは相手とボールを打ち合う競技ですから、自分一人では出来ない。

実際に、試合をしてくれる相手がいること、にまず感謝してみる。

そうすると、どうでしょう。

勝たないといけない、というよりも、「しっかり良い試合をしよう」と思えるようになりますよね。

しっかりしたテニスをすれば良い、と思えれば、かなり楽になるはず。

相手を打ち負かす、のはあくまで結果的に、で良いでしょう。

 

2.緊張してしまうのは、自分を取り繕うとするから

自分を大きく見せよう、上手く見せよう、と思う必要はありません。

試合ですから、自分が今出来るテニスをする、ことで充分。

対戦相手に、その自分をさらけ出す、見てもらうくらいの感覚で良いと思いますよ。

試合をしてくれて、ありがとう。

こういう感覚が持てると、自分もテニスを楽しもうという気持ちになりますからね。

そうなったらもう、緊張感からは解放されているはず。

自然と、少し笑顔になってるんじゃないですかね。

 

3.試合前から、少しコミュニケーションを取ってみる

みなさんは、試合前どうでしょう。

対戦相手と、少しだけ話したりする機会は無いですか?

「よろしくお願いします」という挨拶をして、トスをして試合に入る。

この部分だけでも、自分から積極的に相手に話しかけると、試合は楽に入れるはず。

本当に、ちょっとしたことですけどね。

その背景に、相手への感謝の気持ちがある。

行動に興しておけば、試合でもメンタルが安定するはず。

ぜひ、試合前に積極的に相手をリードしていく、意識を持ってみて下さい。

 

4.試合後のありがとう、の握手は心から

これも、一種の通例儀式じゃないですか。

何となく、心の無いような握手をして終わる、ような人が多いと私は感じています。

負けた方の選手は、納得できない部分もあるでしょうからね。

でも、その握手の雰囲気に、アナタ自身の器と未来、が詰まっていると私は思いますよ。

しっかりと、相手に感謝の意を伝える。

これが出来るかどうか、でその後の試合のスタンスも決まってしまう。

相手に感謝出来ない人は、これからもずっと緊張して試合をして、結果的に思うような結果は得られないような気がします。

試合後の握手、でしっかりと感謝を形にする。

青臭い考えかもしれませんが、私はコレを大事にして欲しいと思っています。

 

対戦相手に、感謝する気持ちを持つ。

これが出来ると、本当に一気に楽になるんですよね・・・なかなか、出来ないんですけど。

テニスというスポーツは、一人では何も出来ない。

試合に勝つ、ということすら出来ないということだけは、覚えておいて欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実力です」

    「あー、ミスった!」と言って、悔しがる風景、試合でも練習でもよ…

  2. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  3. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

    なかなか自信が持てない、試合で勝てるイメージが持てない人。そん…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している

    試合で緊張しない人、いないと思います。でも、その雰囲気って・・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

特集記事

  1. テニス知識

    何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  4. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ
PAGE TOP