テニス メンタル

メンタル

あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い

テニスは、あるレベルまでは「ある程度」自然に上達する。

個人差はありますが、ラリーしたり簡単な試合をしたりは、割とすぐ出来る方が多いと思います。

問題は、その先。

そこから先は、アナタ自身で「リスク覚悟」の変化を求める姿勢が大事なんです。

 

あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い

 


 

■両手、片手、両手、片手・・・

私は中学時代から、何度もバックハンドを変えてきました。

最初は両手打ち、その後片手に変えてみたけど、スライスしか打てなくてまた両手に戻す。

その後身長が伸びてきたのでまた片手にして、今度はスピンを覚えて形になったけど、大学に入って限界を感じてまた両手に・・・。

決して褒められた話では無いのですが、これを通じて感じたことがあります。

それは、「捨てる覚悟と勇気」です。

 

■一旦すごく下手になる、ことを受け入れよう

私自身は今、片手バックハンドに落ち着いていますが、両手バックハンドも好きでした。

今でも、どっちにしようか悩むくらい。

ですが、片手バックハンドの良さ、武器としての重要性を取るなら、両手バックハンドは捨てないといけない。

諦める勇気、が必要なんです。

変えていく最初の頃は、もう本当にひどいもの。

試合には勝てないし、練習もストレスばかり。

ですがそれでも乗り越えた先に、必ず「今より強い自分」がいると信じて頑張る。

テニスの成長にはときにこういう覚悟が必要です。

 

■「リスクを伴う」ことに慣れることは、試合に強くなるということ

練習から自分に対して、何か負荷をかけていく。

そりゃ、ずっと同じ練習、同じ打ち方だと楽ですよね。

ですが、試合で勝てる選手になれるかと言えば、それは難しい。

自分自身で模索して変えていくことは、リスクを伴い負荷をかけていくということ。

これに慣れる、強くなると、試合でも必ず強さが身に付いている。

メンタルが弱い?

それって結局、気付かないうちに楽してるだけなんだと思います。

 

新しく自分を変えていくのって、ものすごくストレス。

以前も書きましたが、失うものは明確なのに、手に入るものは見えない。

見えないものを不安に感じるから、みんなチャレンジしないんですよね。

だったら、逆にチャンス。

たくさん捨ててはチャレンジし、を繰り返していきましょうよ。

大変ですが、大きく変わること、ってテニスでは大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう

    「一般とプロ選手の違いって、どこですか?」と、聞かれる機会が多いので最…

  2. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

    皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えています…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る

    決めて断つ、のが決断。決断出来る人は、テニスでも強いし、上達も…

  4. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  5. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い

    試合中に、やたらと声を張り上げてくる人。これは、どのレベル、ど…

  6. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

    テニスの試合に出ている人なら、誰しもが考えていること。それは、…

特集記事

  1. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
  4. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
  5. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう
PAGE TOP