テニス メンタル

メンタル

テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・」という方。

もしかしたらちょっとした工夫で意識が変わるかも知れません。

特にテニスは相手との実力差を感じてしまうと、どうしても身体が委縮してしまい、思うように攻撃ができなくなってしまいがちなもの。

そこで今回は、そんなメンタルを変えていく為に意識したいポイントをまとめてみました。

あくまで私自身が実践してみたものを挙げてみますので、「使えそう」なものから試してみてみて頂ければと思います。

 

テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

 


 

1.横向きで相手を狙う、威嚇する

人はどうしても攻撃的になろうとすると、正面向きに態勢を取ってしまいがちです。

しかしテニスでは正面を向いて打つショットは、コースがばれやすくいかに横向きを保って打点に入れるかが重量です。

そこで、出来るだけ肩越しに相手を見て、狙う癖を付けるようにしましょう。

その為には首回りの筋肉を柔らかくしておく必要があり、また眼球も横目でしっかり広い視野を確保できるようトレーニングしておきましょう。

 

2.試合前のトスは、自分から

試合前のトス、フィッチを行う際には自分から相手をリードしていきましょう。

特に初見の相手の場合は、精神的なポジションがちょっとしたきっかけで決まりがちです。

たかががトス・・・と言えども、それをリードしているかどうかがで試合の流れも左右されます。

これは試合前のトスに限らず、試合前の細かい声掛けなど相手とのコミュニケーションは積極的に取るようにしましょう。

そういう主体的な行動が、あなた自身の自信につながっていきます。

 

3.ラリーで相手と「会話する」という意識が、攻撃の自信になる

相手を知る、ということが、攻撃の前には欠かせません。

相手の弱点を知り、長所を知ったうえであれば、攻撃にも自信が生まれメンタル的にも安定感が生まれます。

では相手を知るにはどうすれば良いか・・・そのコツは、「ラリーを通じた会話」を意識することです。

「ここは大丈夫ですか?」「浅いボールの対応は?」「セカンドサーブは自信ありますか?」という問いかけを行うことで、相手のちょっとしたショットにも表情が見えてくるもの。

そうして知った相手の事実について、しっかり把握して自信を持って攻撃していきましょう。

 

4.自分の長所を活かす為の試合作りを考える

あなた自身のテニスで、最も自信のあるショットは何ですか?

それはあなた自身で練習して磨いていかなければなりませんが、その前段階の流れも必要です。

サーブが得意!という人であっても、その日の気候の変化もありますし、あなた以上のビッグサーバーが相手であれば、いつも以上に力が入って調子が狂ってしまうということもあるでしょう。

ですので、「得意なショットがあるなら、それを活か術」というのも考えなければなりません。

その流れにも自信を持てて初めて、長所を活かす土台が整ったとも言えるでしょう。

5.自分も人間、相手も人間、不完全なもの同士の勝負がテニスである

最後に、基本的なことになりますが、相手も自分も人間であるという事実を常に意識しましょう

テニスというスポーツは、一つ一つのポイントの積み重ね。

その全てのシチュエーションは異なり、人間の心理状況は変化していきます。

そんな中で攻撃的になるには、「自分も相手も不完全である」ということを認めてしまうこと。

だからこそ、ちょっとした失敗も、成功にも、精神的に安定を保つ必要があります。

そんなの分かってるし、技術的には何も変わらない・・・と感じる方も、ぜひ一度試してみて下さい。

 

「メンタルトレーニング」という言葉で表すと少し重たいですが、ちょっとした意識の変化が、あなたのテニスを変えていきます。

攻撃的になるにはもちろん普段の練習がベースになりますが、その練習量の確保は人の環境によってどうしても左右されます。

練習時間が確保できないなら、せめてこういった考え方のトレーニングを磨いてみるのも、社会人やベテランの特権ですね。

今回の5つだけでなく、あなた自身でオリジナルの5つをぜひ、考えてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

    試合が始まる前は、やる気に満ち溢れているのに・・・終わってみると、ボロ…

  2. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

    テニスの試合は、必ず勝敗がつく。あの全豪オープン決勝、フェデラ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

  5. メンタル

    ミスを想定しておく、だから慌てない

    試合の現場で、慌てない。こういう人は、対戦していても、すごく…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

    試合でビビって、ストロークが打てなくなる。誰しもが、経験した…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入ら…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく
PAGE TOP