テニス メンタル

メンタル

テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・」という方。

もしかしたらちょっとした工夫で意識が変わるかも知れません。

特にテニスは相手との実力差を感じてしまうと、どうしても身体が委縮してしまい、思うように攻撃ができなくなってしまいがちなもの。

そこで今回は、そんなメンタルを変えていく為に意識したいポイントをまとめてみました。

あくまで私自身が実践してみたものを挙げてみますので、「使えそう」なものから試してみてみて頂ければと思います。

 

テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

 


 

1.横向きで相手を狙う、威嚇する

人はどうしても攻撃的になろうとすると、正面向きに態勢を取ってしまいがちです。

しかしテニスでは正面を向いて打つショットは、コースがばれやすくいかに横向きを保って打点に入れるかが重量です。

そこで、出来るだけ肩越しに相手を見て、狙う癖を付けるようにしましょう。

その為には首回りの筋肉を柔らかくしておく必要があり、また眼球も横目でしっかり広い視野を確保できるようトレーニングしておきましょう。

 

2.試合前のトスは、自分から

試合前のトス、フィッチを行う際には自分から相手をリードしていきましょう。

特に初見の相手の場合は、精神的なポジションがちょっとしたきっかけで決まりがちです。

たかががトス・・・と言えども、それをリードしているかどうかがで試合の流れも左右されます。

これは試合前のトスに限らず、試合前の細かい声掛けなど相手とのコミュニケーションは積極的に取るようにしましょう。

そういう主体的な行動が、あなた自身の自信につながっていきます。

 

3.ラリーで相手と「会話する」という意識が、攻撃の自信になる

相手を知る、ということが、攻撃の前には欠かせません。

相手の弱点を知り、長所を知ったうえであれば、攻撃にも自信が生まれメンタル的にも安定感が生まれます。

では相手を知るにはどうすれば良いか・・・そのコツは、「ラリーを通じた会話」を意識することです。

「ここは大丈夫ですか?」「浅いボールの対応は?」「セカンドサーブは自信ありますか?」という問いかけを行うことで、相手のちょっとしたショットにも表情が見えてくるもの。

そうして知った相手の事実について、しっかり把握して自信を持って攻撃していきましょう。

 

4.自分の長所を活かす為の試合作りを考える

あなた自身のテニスで、最も自信のあるショットは何ですか?

それはあなた自身で練習して磨いていかなければなりませんが、その前段階の流れも必要です。

サーブが得意!という人であっても、その日の気候の変化もありますし、あなた以上のビッグサーバーが相手であれば、いつも以上に力が入って調子が狂ってしまうということもあるでしょう。

ですので、「得意なショットがあるなら、それを活か術」というのも考えなければなりません。

その流れにも自信を持てて初めて、長所を活かす土台が整ったとも言えるでしょう。

5.自分も人間、相手も人間、不完全なもの同士の勝負がテニスである

最後に、基本的なことになりますが、相手も自分も人間であるという事実を常に意識しましょう

テニスというスポーツは、一つ一つのポイントの積み重ね。

その全てのシチュエーションは異なり、人間の心理状況は変化していきます。

そんな中で攻撃的になるには、「自分も相手も不完全である」ということを認めてしまうこと。

だからこそ、ちょっとした失敗も、成功にも、精神的に安定を保つ必要があります。

そんなの分かってるし、技術的には何も変わらない・・・と感じる方も、ぜひ一度試してみて下さい。

 

「メンタルトレーニング」という言葉で表すと少し重たいですが、ちょっとした意識の変化が、あなたのテニスを変えていきます。

攻撃的になるにはもちろん普段の練習がベースになりますが、その練習量の確保は人の環境によってどうしても左右されます。

練習時間が確保できないなら、せめてこういった考え方のトレーニングを磨いてみるのも、社会人やベテランの特権ですね。

今回の5つだけでなく、あなた自身でオリジナルの5つをぜひ、考えてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    もう一度、みなさんの強みは何か?

    最近、色々と新しい取り組みを開始させて頂きました。いくつか、…

  2. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

  3. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  5. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  6. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている

    テニスの試合の場で、意識したいこと。私は常に、これを自分なり…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
  2. 日々の雑記

    全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、「準備不足」に陥れよう
  4. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?
  5. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
PAGE TOP