テニス ミス

その他

「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」

私たちはどこか、言葉にしないままで相手に何かを伝えようとしている。

普段の生活や仕事でのコミュニケーションではありがちなことですが、ことテニスにおいては・・・私は危険だと思う。

何かを口にしたり、表現していかないと人には伝わらない。

例えそれが衝突や摩擦を生んでも、テニスについて意見を言い合う、ということは大事なのです。

 

「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

 


 

■「相手のことを考える」ことは、摩擦を恐れることになっていないか?

つい、私たちは相手と意見をぶつけることを恐れてしまう。

テニスの練習についても、同じです。

「こういう練習をしたい、と思っているけど、それが自分勝手な想いなんじゃないか・・・」と。

でも、もしアナタがしっかり根拠のあるアイデアをもとに、練習を提案するならそれはチーム全体の為になる。

意見がぶつかったって良いんです、むしろそこが、チームとしての新しい価値になる。

逆に、「口にしない」ということが罪である、くらいの認識で私は良いと思っています。

 

■正論しか口に出来ないようなテニス部は、つぶれる

毎日同じような練習、同じようなテニスでは、当然結果は毎年同じような感じになる。

それで良し、とするにはせっかくの部活動、サークル活動、もったいない。

みんなもっと、思っていることを口に出して意見を言い合うこと、が日本中のテニスチームには必要だと思っています。

現状を否定するのではなく、変化させていく。

「テニスは基本が大事、下級生はコート整備、上位選手が優先してコートを使う・・・」みたいな、一見正論のようなことしか口にできないようなチームは、つぶれる。

将来性豊かな良い選手ほど、早く辞めていくでしょう。

 

■「人は皆、それぞれ違う」からこそ面白い

人と違うこと、はテニスにおいても大事。

みんな、それぞれ違ったテニスを持って育てて良い。

その違いって、口に出して言葉にしないと周りも分からない。

もっと言えば、自分も分からない。

だからこそ、一度思ったことをしっかり口にしてみて、そこからがスタートなんです、テニスも。

「実力や結果が伴っていないから・・・」と遠慮しがちの人は、一生結果なんて伴わないですよ。

コーチに対しても上級生に対しても、自分の殻を破るつもりで話しかけてみましょう。

「私は、こう思うんですけど・・・」と。

 

テニスをやっていて、楽しいと思えることって皆さんは何ですか?

私は、自分自身が成長できた、出来なかったことが出来るようになったと感じられた時、楽しいと感じる。

偉そうに毎日文書を書いていますが、私自身仕事では失敗ばかりで思ったこともほとんど言えない。

でもテニスを通じて、30歳を超えた今でも、変わってきている自分がいることに気付きます。

私で出来るのですから、きっとアナタにも出来る。

さぁ、感じたこと、思ったことを、周りの人に話すところから始めてみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. その他

    10年前の、有明センターコート

    今朝は、朝早くから大井町へ。大井町スポルのテニスコートで、佐…

  2. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ

    秋深まり、本格的なテニスシーズンになりましたね。一般の草大会も…

  3. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

  4. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

    当たり前といえば、当たり前の話。でも、テニスではこれをしっか…

  5. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと

    テニスはディフェンスが重要。安定感がないと試合で勝利を掴むのは…

  6. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

    これは、要は自分次第です。私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解…

特集記事

  1. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  2. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備
  3. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    もう一度、みなさんの強みは何か?
  5. その他

    【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
PAGE TOP