テニス ミス

その他

「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

目次

「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」

私たちはどこか、言葉にしないままで相手に何かを伝えようとしている。

普段の生活や仕事でのコミュニケーションではありがちなことですが、ことテニスにおいては・・・私は危険だと思う。

何かを口にしたり、表現していかないと人には伝わらない。

例えそれが衝突や摩擦を生んでも、テニスについて意見を言い合う、ということは大事なのです。

 

「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

 


 

■「相手のことを考える」ことは、摩擦を恐れることになっていないか?

つい、私たちは相手と意見をぶつけることを恐れてしまう。

テニスの練習についても、同じです。

「こういう練習をしたい、と思っているけど、それが自分勝手な想いなんじゃないか・・・」と。

でも、もしアナタがしっかり根拠のあるアイデアをもとに、練習を提案するならそれはチーム全体の為になる。

意見がぶつかったって良いんです、むしろそこが、チームとしての新しい価値になる。

逆に、「口にしない」ということが罪である、くらいの認識で私は良いと思っています。

 

■正論しか口に出来ないようなテニス部は、つぶれる

毎日同じような練習、同じようなテニスでは、当然結果は毎年同じような感じになる。

それで良し、とするにはせっかくの部活動、サークル活動、もったいない。

みんなもっと、思っていることを口に出して意見を言い合うこと、が日本中のテニスチームには必要だと思っています。

現状を否定するのではなく、変化させていく。

「テニスは基本が大事、下級生はコート整備、上位選手が優先してコートを使う・・・」みたいな、一見正論のようなことしか口にできないようなチームは、つぶれる。

将来性豊かな良い選手ほど、早く辞めていくでしょう。

 

■「人は皆、それぞれ違う」からこそ面白い

人と違うこと、はテニスにおいても大事。

みんな、それぞれ違ったテニスを持って育てて良い。

その違いって、口に出して言葉にしないと周りも分からない。

もっと言えば、自分も分からない。

だからこそ、一度思ったことをしっかり口にしてみて、そこからがスタートなんです、テニスも。

「実力や結果が伴っていないから・・・」と遠慮しがちの人は、一生結果なんて伴わないですよ。

コーチに対しても上級生に対しても、自分の殻を破るつもりで話しかけてみましょう。

「私は、こう思うんですけど・・・」と。

 

テニスをやっていて、楽しいと思えることって皆さんは何ですか?

私は、自分自身が成長できた、出来なかったことが出来るようになったと感じられた時、楽しいと感じる。

偉そうに毎日文書を書いていますが、私自身仕事では失敗ばかりで思ったこともほとんど言えない。

でもテニスを通じて、30歳を超えた今でも、変わってきている自分がいることに気付きます。

私で出来るのですから、きっとアナタにも出来る。

さぁ、感じたこと、思ったことを、周りの人に話すところから始めてみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス リターン

    その他

    なぜ、世界のテニス界のトップ選手は負け始めたのか?を考えてみる

    最近のテニス界には、大きなうねりのような渦、が起きている。ジョ…

  2. その他

    5/22(水) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 inSENKO潮見(東京都江東…

    5月の土居コーチイベント、今回はボレーを徹底的に練習しましょう!…

  3. テニス メンタル

    その他

    「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです

    自分に自信が無い、試合で迷いが消えない。すごく、気持ちは分かり…

  4. その他

    「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと

    「試合に勝つとかじゃなくて、テニスを楽しみたいんです」というご…

  5. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?

    先日「試合中に音楽がずっと頭の中に流れるのですが、それっていいことです…

  6. その他

    「テニスコートで花粉症抑制!?」試合で勝つ為に普段から必要なトレーニング

    花粉症のシーズン・・・。辛いと感じる人も、多いんじゃないだろう…

特集記事

  1. ダブルス

    後ろでつないでくるダブルス相手には、「深いボレーとロブのケア」でバッチリ対抗出来…
  2. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
  4. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている
  5. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?
PAGE TOP