Q&A

Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか?」

今回は、大学生の男性の方からのご質問をご紹介します。

片手バックハンドのストローク、テニスの中でも最も難しいショットではないでしょうか。

それでも少しコツを掴んでしっかり練習すれば、きっと切れ味鋭いテニスを実践できるようになります!

 

Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか?」

 


 

■片手バックハンドは身体の向きが一番重要!

ご質問者のフォームを観ていないので難しいのですが、ほとんどの方の片手バックハンドストロークは、「前を向き過ぎて、横振り」になっているケースが多いです。

これは「横向き」というより、胸を後ろに向けて、相手には背中を向けるようなイメージがポイント。

顔は相手コートを向いていますので、首回りの筋肉は柔らかいのがベスト。

日々、ストレッチするようにしましょう!

 

■中学・高校生の皆さんは、グリップチェンジをしっかり瞬時にできるように

しっかりとしたトップスピンをかけることで、ストロークは安定するもの。

学生の片手バックハンドで多いのが、打点とグリップが合っていないケース。

ソフトテニスから硬式に移行した方は、フォアとバックを異なる面で打ちますから、グリップチェンジの感覚を養うのに時間がかかります。

自分が一番力が入る打点で、しっかりトップスピンがかけられるようにフットワークを意識しましょう。

男性であれば、両手バックハンドよりも打点はかなり前になるはずです。

 

■早い準備でしっかり上に振り切る、最初はゆっくりのスィングでOK

準備さえ早くできれば、あとは肩のひねりを加えてスィング。

その際に、身体が前を向かないことが、振り抜くときの一番のポイントです。

最初からスピードを出そうとせず、インパクトまではゆったり振って、ボールに当たった後に素早く振るようなイメージだと、当たり損ないのミスも減るでしょう。

以下の記事もぜひ、参考にしてみて下さい。

 

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  3. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  4. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

    今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良い…

  5. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  6. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強打してくるのは違反で…

    今回は、久々に読者の方から頂いたルールに関する質問について。皆…

特集記事

  1. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を
  2. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です
  3. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい
  4. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  5. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前
PAGE TOP