テニス ストローク

Q&A

Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

今回ご質問頂いたのは、試合でのセカンドサーブについて。

テニスの試合では、中級レベルまではセカンドサーブとリターン力の戦いになった場合に、リターンの側のポイント奪取率が高くなる傾向にあるようです。

セカンドサーブでも高い確率でポイントが獲れるようになると、試合でも勝てるチャンスが増えますよね。

考えてみましょう。

 

Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

 


 

■軌道に高さを出して、バウンド後にも威力が衰えないサーブを

まず、今のアナタのサーブをそのままに、軌道を高くしてみてはどうでしょうか。

ネットの1.5mくらい上を通過する軌道をイメージして、ラケットの振り出しを上に向けてボールも上に飛ばしてみましょう。

最初はオーバーフォルトして、もちろんOK。

コースよりも軌道の高さを意識して練習しましょう。

 

■多少甘くてもコースの打ち分けができれば、相手は受け身になる

セカンドサーブは入れるだけ・・・と思って、コースの狙いは度外視になっていませんか?

「入れるのに精一杯なのに、コースを狙うなんてできない!」と思う方も、発想を変えましょう。

狙いが定まったほうが、よりコントロールされ入るようになります。

お勧めは、ワイドの角。

距離が長くても入りやすく、思い切って1.のように高いサーブも狙えます。

さらにセンターにもゆっくり打てるようになると、相手はセカンドサーブでもプレッシャーを感じるはずです。

攻めの姿勢を忘れないように、常に意識しましょう。

 

■セカンドサーブをなるべく打たないような意識を強く持つ

根本的なお話ですが・・・セカンドサーブをなるべく打たない、に越したことはありません。

ファーストサーブのときに、別にアナタのセカンドサーブを打っても良いわけです。

上手くいけば、相手はとまどってリターンミスをしてくれるかも知れません。

固定概念は捨てて、サービスからポイントを獲るということを客観的に考えましょう。

 

■あえて相手に餌をまいてみるのも作戦

例えば相手のフォアハンドが粗い、ミスが多いと感じたら、あえて甘いサーブを入れてみるのも吉です。

打ち込まれるコースをしっかりケアできれば、相手のミスを誘いつつカウンターでの攻撃も狙えます。

ベテランプレイヤーは「リターンからの展開」を得意にしているケースが多いので注意が必要ですが、学生で粗いプレーが目立つ場合にはあえて甘い餌をまいてみると、思いがけないプレゼントがあるかも知れません。

 

セカンドサーブは、相手から「攻撃されて優位に立たれない」のが最優先です。

その為に、何が必要かを考えれば、今のアナタのサーブの延長線上で変化できるはずです。

それでも上手くいかない場合もあるでしょう。

そのときは、アナタ自身のステップの場として、スピンやスライスをしっかり打ち分けられるように、一から練習してく必要があります。

プロ選手でも、課題として挙げることの多いこのテーマ。

一緒に頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  2. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.1

    今回は、先日のアンケートでご質問頂いた内容や、みなさんのお悩み、に私な…

  3. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙しい…

  4. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  5. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  6. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」

    今回は、久々に頂いたご質問の中から。自分の握るグリップが、なか…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!
  2. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!
  3. 戦術

    マイルールを作れば、テニスの試合にも強くなる
  4. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに
  5. 戦術

    調子の良し悪しこそ、自分の実力
PAGE TOP