テニス ストローク

サーブ

ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。

皆さんなら、どんな選択をしますか?

自分のサービスゲーム、だったらオススメはこれです。

シングルスでもダブルスでも、大事なのは試合前に決めて用意しておくことでしょう。

 

ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

 


 

1.ボディへのサーブは、リターン側が攻撃し辛い「急所」

ボディへのサーブは、リターンし辛い。

だけじゃなくて、前に踏み込んでの攻撃が難しいので、どうしても守備的になる。

なかなか足元に沈める、ような縦のラケットワークを使えないので、スライスのロブか、破れかぶれの逆クロスのフォアハンド・・・なリターンになるのが普通でしょう。

そんなときに、アナタはベースラインで待っている?

これではもったいない。

絶対に獲りたいポイントなら、サーブ&ボレーで相手にプレッシャーをかけていきましょう!

 

2.サーブ&ボレーで前に来る、その姿勢を相手に見せ付ける!

相手は、サーブがボディに来るのに相手も前に来る!のが見えている。

これって、すごくプレッシャーです。

甘いリターンは打てない、かと言って無理やりコースを狙ってもボディへのサーブは難しい・・・という中で、きっと迷いながら結論が出ない。

アナタ自身、当然ミスを誘う訳ですが簡単なリターンはしっかりボレーをする準備をしておく。

ロブ、が来る可能性も高いですね。

サーブ&ボレーで、相手にプレッシャーをかけるのには、ボディサーブが有効。

ダブルスなら前衛のポーチとも合わせて、どんどん押し込んでいきましょう。

 

3.ボディへのサーブは、自分のサーブの曲がり方の把握から

以前にも書きましたが、自分のサーブがどの程度曲がっているのかを確認しておく。

その逆算で、ネット上のどこを通すサーブがボディのコースに飛ぶのかを理解しておきましょう。

スピードよりも、欲しいのは深さ。

しっかり相手のサービスエリアの深い位置に、フォルトになっても良いくらいの気持ちで打っていきましょう。

相手をのけぞらせてリターンさせて、ボレーで決める!

このイメージ、しっかり練習しておきましょう。

 

アナタが欲しいポイントは、きっと相手も絶対に欲しいポイント。

だからこそ、迷いなく積極策でいきましょう!

サーブ&ボレー、ネットで大事なポイントを獲れると試合の流れは大きく傾きます。

アナタ自身、そうやって試合を動かせる選手、になって下さい。

応援してます!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  3. テニス 構え
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

    「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?

    自分のサービスゲーム、気が付けば0-40のスコアに。試合の中で…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  2. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  5. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です
PAGE TOP