テニス メンタル

戦術

人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

テニスの試合、シングルスの試合出ている人の特権。

それは、「人のいない場所」に打つことが出来ることでしょう。

ダブルスだけに出ていると、なかなかこの感覚、身に付かないんですよね。

テニスって、やっぱりこれが楽しい。

試合に出ている人は、ぜひこのポイント、もう一回見直してみませんか?

 

人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

 

1.人のいない場所に打つから、テニスは楽しい

ポイントを取るときに、気持ちの良いこと。

気持ちが良いポイントって、やっぱり相手に「触られない」ようなポイントですよね。

エース狙いばかり、はもちろん問題ですが、人がいない場所、に打つという感覚は大事ですよ。

これはどんなレベルの選手、にとってもです。

つい、力が入ってしまうのは練習不足なだけ。

しっかり、人がいない場所に打つことに、みなさん慣れていきましょう。

 

2.打ち返してくれる人がいる安心感

ネットを挟めば敵なのに、つい安心してしまう。

テニスって、どこか自分のボールを「打ち返して欲しい」「反応して欲しい」と思う節、あると思いませんか?

ラリーしたい、と思ってしまうんですよね・・・つい。

人がいない場所に打ったら、エースかミス、という不安もあるじゃないですか。

テニスって、自分が打って終わるというのがちょっと怖い、スポーツでもあるんです。

このポイント、をしっかり知っておくと精神的に楽になる。

何も考えていないと、いつの間にか「楽に打てるボール」まで楽に打てなくなってしまう。

それが試合、です。

 

3.人に向かって打たないコツは、打つ前の把握に有り

きっと、アナタ自身が変わるにはこのポイント。

人に向かって打たない為には、人がいない場所、を予め探しておく。

ボールが飛んで来る前に、しっかり把握して、身体で反応して打てるようにする。

これって、意外と簡単ですよ。

ダブルスは、コート上に相手が2人いる、からちょっと多く感じますよね。

でも4分割すれば、2/4は空いている。

そう考えて、相手コートを見るようにしてみましょう。

きっと景色が変わりますよ。

 

4.人に向かって打つテニス、を変えていこう

一番は、前衛でしょう。

きっと、後衛からはみなさん、狙いを絞って打てる。

前衛で、ボレーを打つときに、どうかが問題です。

ボレーって相手も近い、だから力が入る。

人に向かって打つのは、圧倒的にボレーのようなショットが多い。

ボレーで人に向かって打たない、足元にすら打たない、ことを意識してみる。

これだけでだいぶ変わりますよ。

 

5.最初はアウトしてOK、ハッキリと球筋を変えること

最初から上手くはいかない。

でも、今まで自分が「打たなかったコース」に打てるかどうか。

良いじゃないですか、アウトしても。

大事なのは、自分で自分の球筋を変えていくということ。

何度か打つうちに、きっと自然に狙えるようになる。

人がいない場所、を狙うテニスは楽しいですよ。

ぜひ、前衛のボレーのときも、2/4のスペース狙ってみて下さいね。

 

攻撃には、大胆さも欲しい。

もちろん粘りや細かい戦術、触らせるようなショットも必要ですけどね。

でも、しっかり自分の意図するショットが決まったときの感覚、やっぱり忘れられないじゃないですか。

人のいないところに打つ、ゴールをゲットする。

ということ、見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらない…

  2. 戦術

    ゲームを「作る」とは、どういうことか?

    特に、ダブルスの試合ですね。「ゲームメイク」ができるか、でき…

  3. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる

    「相手の調子が良かったから、負けました」「自分の調子が悪かった…

  4. テニス 陸上

    戦術

    試合はプレゼン、出来ることは全部やろう!

    最近思うのが、テニスの試合ってプレゼンに近い。何かを相手に訴…

  5. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ

    1セットマッチの試合、での試合の入り。もう、正直これが全て、…

  6. 戦術

    執拗さで、対戦相手は感情的になる

    テニスの試合で、みなさんは相手の感情、感じることが出来てますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう
  2. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について
  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「前に出るタイミングが分からない・・・」という人は、バック側に…
  4. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します
  5. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
PAGE TOP