テニス メンタル

戦術

人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

テニスの試合、シングルスの試合出ている人の特権。

それは、「人のいない場所」に打つことが出来ることでしょう。

ダブルスだけに出ていると、なかなかこの感覚、身に付かないんですよね。

テニスって、やっぱりこれが楽しい。

試合に出ている人は、ぜひこのポイント、もう一回見直してみませんか?

 

人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

 

1.人のいない場所に打つから、テニスは楽しい

ポイントを取るときに、気持ちの良いこと。

気持ちが良いポイントって、やっぱり相手に「触られない」ようなポイントですよね。

エース狙いばかり、はもちろん問題ですが、人がいない場所、に打つという感覚は大事ですよ。

これはどんなレベルの選手、にとってもです。

つい、力が入ってしまうのは練習不足なだけ。

しっかり、人がいない場所に打つことに、みなさん慣れていきましょう。

 

2.打ち返してくれる人がいる安心感

ネットを挟めば敵なのに、つい安心してしまう。

テニスって、どこか自分のボールを「打ち返して欲しい」「反応して欲しい」と思う節、あると思いませんか?

ラリーしたい、と思ってしまうんですよね・・・つい。

人がいない場所に打ったら、エースかミス、という不安もあるじゃないですか。

テニスって、自分が打って終わるというのがちょっと怖い、スポーツでもあるんです。

このポイント、をしっかり知っておくと精神的に楽になる。

何も考えていないと、いつの間にか「楽に打てるボール」まで楽に打てなくなってしまう。

それが試合、です。

 

3.人に向かって打たないコツは、打つ前の把握に有り

きっと、アナタ自身が変わるにはこのポイント。

人に向かって打たない為には、人がいない場所、を予め探しておく。

ボールが飛んで来る前に、しっかり把握して、身体で反応して打てるようにする。

これって、意外と簡単ですよ。

ダブルスは、コート上に相手が2人いる、からちょっと多く感じますよね。

でも4分割すれば、2/4は空いている。

そう考えて、相手コートを見るようにしてみましょう。

きっと景色が変わりますよ。

 

4.人に向かって打つテニス、を変えていこう

一番は、前衛でしょう。

きっと、後衛からはみなさん、狙いを絞って打てる。

前衛で、ボレーを打つときに、どうかが問題です。

ボレーって相手も近い、だから力が入る。

人に向かって打つのは、圧倒的にボレーのようなショットが多い。

ボレーで人に向かって打たない、足元にすら打たない、ことを意識してみる。

これだけでだいぶ変わりますよ。

 

5.最初はアウトしてOK、ハッキリと球筋を変えること

最初から上手くはいかない。

でも、今まで自分が「打たなかったコース」に打てるかどうか。

良いじゃないですか、アウトしても。

大事なのは、自分で自分の球筋を変えていくということ。

何度か打つうちに、きっと自然に狙えるようになる。

人がいない場所、を狙うテニスは楽しいですよ。

ぜひ、前衛のボレーのときも、2/4のスペース狙ってみて下さいね。

 

攻撃には、大胆さも欲しい。

もちろん粘りや細かい戦術、触らせるようなショットも必要ですけどね。

でも、しっかり自分の意図するショットが決まったときの感覚、やっぱり忘れられないじゃないですか。

人のいないところに打つ、ゴールをゲットする。

ということ、見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. 戦術

    相手の良いショットは、「続かない」

    試合の中で、私自身がいつも意識していること。特に、格上相手と…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    陽射しが強い屋外コート、での戦い方は?

    私は、昔すごく苦手でした。もともと、目が悪く眩しいのが苦手。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト

    試合の中で、やっと届いたボール。これが、返るのかどうか。…

  5. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

  6. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ

    どうも最近、自分の成長が止まっている気がする。今いるカテゴリ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスの基本戦術5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
PAGE TOP