戦術

4ポイントのシナリオ、を意識してみよう

テニスのゲームは、1ゲームを取るのに4ポイント。

15、30、40、そしてゲーム、となります。

デュースやノーアドバンテージ形式にもつれ込むこともありますが、自分の中でまず4ポイントの全体像をどうイメージするのか。

これについて、今回は考えてみたいと思います。

目の前の1ポイントが、まずは大事。

でもそれだけだと、もしかしたら相手しやすいプレー、淡泊な内容になってしまうかも知れません。

あくまで1ゲーム全体を俯瞰して、冷静に考える必要がありますね。

4ポイントは、どんな4ポイント?

全部がナイスショット、なんて有り得ない

私のイメージだと、半分は相手のミス。

このミスを、どう引き出していくのかが4ポイントの中では大事になって来ます。

ゲームは最初、0-0のカウントから始まりますよね。

ここから、積み上げていかないといけない。

そう考えると、ゲームの序盤でプレーすべき内容も、必然的に見えて来ると思いますよ。

ゲームの序盤に、意識付けを

相手に、何かを意識付けしたいんです。

例えばアナタ自身がサーブなら「このコースを狙ってるんだな」と思わせたい。

そうすれば、その後のポイントにもつながっていきます。

ネットプレーも、良いですよね。

ゲームの最初のポイントで前に出れば、その後はずっと相手は意識してくれる。

リターンを山なりで返すことが怖くなり、ミスしてくれる可能性も高い。

こういうシナリオを、自分の中で描けるかどうかが大事です。

30-30、だけどイーブンじゃない

私は試合の中で、こうありたいと考えています。

ゲームの中で、30-30のポイントになる。

でも、スコアではイーブンでもこちらがリードしている、相手が受け身になっているような状況を作りたい。

その為にはサーブのコースを徹底したり、リターンでストレートを使ったり、ネットに出たり、何か変化を付けていかないといけないですよね。

スコアのシナリオを考えておくと、何だか自分が指揮者のように思えて来る。

こういう感覚は、待っていても生まれません。

自分がどういう4ポイントで、このゲームを仕上げていくのか。

ザックリでも良いので、コートから離れた場所で考えてみることをお勧めします。

サービスゲーム、リターンゲームで

まずは、リターンゲームから

私は、自分はリターンゲームこそ先手を取りたい、指揮者でありたいと思っています。

ですから、プランもリターンゲームから考えてみます。

4ポイントのシナリオ、私はザックリ言えばこんな感じです。

まず、ストレートにリターンして相手の前衛を足止めする、その後は動けない前衛を利用してクロスにチャージしていく、リターンダッシュも入れていく。

その次はロブを使うようなポイントも入れていく。

ダブルスであれば、ペアと交互にリターンですから全体のシナリオを共有しておくことは大事ですね。

もちろん現場で変えることも有りますが、「大体は、こんな感じでいこう」というのを、しっかり共通認識で持っておけると強いと思います。

サービスゲームは、前衛を主役に!

私がサーブを打つ時に、考えていることはこれです。

とにかく、前衛の引き立て役でありたいということ。

前衛を主役に、シナリオを考えていくイメージです。

最初のポイントはセンターに入れて、前衛に動いてもらう、そのままチェンジしても良い。

その次は、その動きを活かしてストレートにリターンが来るようにワイドにサーブを入れてみる。

30-30のようなポイントでは、積極策に出てポーチに出てもらう、というように、本当にザックリで良いと思います。

もちろん、この通りに事が進むとは限りません。

でも、シナリオで良いイメージを持ってゲームに入っておくと、良い状態の時にも落ち着いてプレー出来るんですよね。

「お、シナリオ通りじゃないか…」と。

経験を積めば、型は決まって来る

「そんなに、上手いこといくかよ…」と、思いますよね。

もちろん、いかない時もあります。

でも不思議と、こういう準備をしてゲームを進めていると、型が決まって来るんですよね。

シナリオって、そう何本も種類がある訳じゃない。

相手は変わっても、自分の型となる部分は実は大きくブレない、変わらない。

こういう自信を付けるには、やはり漠然と試合を進めるのではなく、1ゲームでのシナリオ感がすごく大事になります。

意識して経験を積めば、それが自然とアナタ自身の型になっていくと思いますよ。

テニスはゲーム、疲れないのが一番

メンタル的に疲弊して勝ち進んでも、どんどんしんどくなりますよね。

みなさんは、きっと何かの大会やトーナメントで勝ち抜きたい、と考えているはず。

だったらシナリオを描いて、舞台に立ちましょう。

全部アドリブ、そんなのしんどいだけじゃないですか。

テニスの試合、メンタル的に消耗しては最後まで勝ち進めません。

理想像でも良い、自分なりのシナリオを描いてみること。

そこから、テニスの雰囲気も変わって来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. ラジオ番組、始めました!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い

    大会の初戦から、相手が強い。もうこれだけで、みなさん気持ちが…

  2. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

    テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。ここを、どう過ごすの…

  3. 戦術

    1セットマッチ、2-2でリードしているのは自分

    私たちの試合の多くは、1セットマッチ。この進め方について、し…

  4. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

    試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。それは、アナタ自身の技術不…

  5. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

  6. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  2. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを
  3. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
  4. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い
  5. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
PAGE TOP