メンタル

良いボールを打って「当たり前」に

試合で緊張した場面、みなさんも想像してみてください。

自分のサーブ、またはリターン…そのまさに1球目。

ここで「良いボール」が打てたとしましょう。

でも、それをしっかりポイント奪取に結びつける為に。

必要なことってなんでしょうか?

技術のレベル以上に、私はこの意識と経験が大事だと最近改めて感じます。

そしてこれは、強烈に意識しないと絶対に身につかないことなんです。

自分で「良いボール」にビックリしない

今回お伝えしたいのは、これだけです。

とにかく、自分でビックリしないこと。

良いボール、つまりは良いサーブや良いリターンが入っても、自分で驚かないということ。

驚かない=過度な期待をしない、ということ。

みなさん何となくイメージ湧きますか?

どれだけ良いボールを打っても、テニスは相手がある競技ですからその次がどうなるかは相手次第。

相手の予測が当たっていれば、より良いショットで反撃されてしまうかも知れません。

残酷な競技ですから、テニスは。

自分が打ったボールにビックリする、期待する、その一瞬の隙が次への動作を鈍らせます。

そして良いショットを打ったのに得点できない、という絶望のきっかけになってしまうんです。

速いショットが危険な典型例

良いショットを打った後が危ない、というのはみなさんも経験あると思います。

特にサーブが分かりやすいですかね。

思いの他自分でもスピードが出て良いコースに入る、でもその速度が早ければ早いほど、返球のタイミングも早くなるのがテニス。

つまり、良いショットが入った方が時間がない。

分かっちゃいるけど、これに対応する準備ができていない方が多いように思います。

良いショットを打てば相手が緩いボールを返してくる?

それは一種の甘えですし、都合の良い話。

レベルが上がれば相手は、アナタの良いショットを利用しようと考えてきますから。

だからこそ、自分から良いボールを打って当たり前。

良いボール、早いボールを打てば早く返ってくるのが当たり前、にならないといけないんです。

「なんだ、返せば楽じゃん」と思われたら終わり

相手にこう思われたら、もう試合ではしんどいです。

「返せば楽、何かが起きる」と思われると、相手は必死にコンパクトに返してきますからね。

良いショットを打って当たり前、と思えている方はそこからしっかり取り切れますが…ビックリしている人は、どうでしょう。

次への動きがスムーズじゃない、それは相手にすぐにバレます。

自分のショットが良くても、次への対応がマズイとテニスは失点してしまう。

ここに気づくには、まず強烈に意識することが大事なんです。

良いショットは打って当たり前、だってそう打とうと思って準備してきてる訳ですから。

早いボールを打ったら自分の次の準備も早くしないといけない。

もう、頭で考えるよりも癖付けるしかないです、これは。

逆に癖付けると、すごく楽になるはずです。

「良いショット」だけじゃダメ、テニスは大変な競技です。

でも…「良いショット」が当たり前になっていくと、それは実力がついたということ。

どうでしょう、意識改革から一緒に始めてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!

    先日、高校女子テニス部の合同練習会を開催した。7校が参加し、4…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  3. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  4. テニス 気付き

    メンタル

    テニスの試合が上手く進んでいるときの心理状況って、どんな感じなのかまとめておこう

    試合がうまく進んでいる、自分なりに良い試合が出来た時。そんな時…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!

    何度も対戦相手をチェックして・・・と、私は書いてきました。それ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない

    テニスを試合をしていて、本当にしぶとい相手。みなさんの周りでも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  3. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミー…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て…
PAGE TOP