メンタル

良いボールを打って「当たり前」に

目次

試合で緊張した場面、みなさんも想像してみてください。

自分のサーブ、またはリターン…そのまさに1球目。

ここで「良いボール」が打てたとしましょう。

でも、それをしっかりポイント奪取に結びつける為に。

必要なことってなんでしょうか?

技術のレベル以上に、私はこの意識と経験が大事だと最近改めて感じます。

そしてこれは、強烈に意識しないと絶対に身につかないことなんです。

自分で「良いボール」にビックリしない

今回お伝えしたいのは、これだけです。

とにかく、自分でビックリしないこと。

良いボール、つまりは良いサーブや良いリターンが入っても、自分で驚かないということ。

驚かない=過度な期待をしない、ということ。

みなさん何となくイメージ湧きますか?

どれだけ良いボールを打っても、テニスは相手がある競技ですからその次がどうなるかは相手次第。

相手の予測が当たっていれば、より良いショットで反撃されてしまうかも知れません。

残酷な競技ですから、テニスは。

自分が打ったボールにビックリする、期待する、その一瞬の隙が次への動作を鈍らせます。

そして良いショットを打ったのに得点できない、という絶望のきっかけになってしまうんです。

速いショットが危険な典型例

良いショットを打った後が危ない、というのはみなさんも経験あると思います。

特にサーブが分かりやすいですかね。

思いの他自分でもスピードが出て良いコースに入る、でもその速度が早ければ早いほど、返球のタイミングも早くなるのがテニス。

つまり、良いショットが入った方が時間がない。

分かっちゃいるけど、これに対応する準備ができていない方が多いように思います。

良いショットを打てば相手が緩いボールを返してくる?

それは一種の甘えですし、都合の良い話。

レベルが上がれば相手は、アナタの良いショットを利用しようと考えてきますから。

だからこそ、自分から良いボールを打って当たり前。

良いボール、早いボールを打てば早く返ってくるのが当たり前、にならないといけないんです。

「なんだ、返せば楽じゃん」と思われたら終わり

相手にこう思われたら、もう試合ではしんどいです。

「返せば楽、何かが起きる」と思われると、相手は必死にコンパクトに返してきますからね。

良いショットを打って当たり前、と思えている方はそこからしっかり取り切れますが…ビックリしている人は、どうでしょう。

次への動きがスムーズじゃない、それは相手にすぐにバレます。

自分のショットが良くても、次への対応がマズイとテニスは失点してしまう。

ここに気づくには、まず強烈に意識することが大事なんです。

良いショットは打って当たり前、だってそう打とうと思って準備してきてる訳ですから。

早いボールを打ったら自分の次の準備も早くしないといけない。

もう、頭で考えるよりも癖付けるしかないです、これは。

逆に癖付けると、すごく楽になるはずです。

「良いショット」だけじゃダメ、テニスは大変な競技です。

でも…「良いショット」が当たり前になっていくと、それは実力がついたということ。

どうでしょう、意識改革から一緒に始めてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

    試合の中で、メンタルが強く崩れない人。それは、シンプルにこうい…

  3. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損

    プロ選手でもよくやる、ポイント間のルーティーン。これって、実は…

  4. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  5. テニス 練習

    メンタル

    正統派以外を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

    先日私が対戦した相手は、かなり特殊な感じのダブルスペアでした。…

  6. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

    テニス、楽しいですか?もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ
  2. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく
  3. サーブ

    5-4でのサービスゲーム、は本当に難しい
  4. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方につい…
PAGE TOP