メンタル

技術の前に、攻撃のメンタルが足りない

テニスにおいて、技術は大事。

でも、その技術を身に付けるベースの部分、みなさん忘れてないですか?

相手を、攻撃していこうという気概、意識。

これは、私たちが相当強く意識しないと、試合で活かせない。

技術も身に付かない、ということになるんです。

 
 

日常生活とのギャップ、が凄い

試合では、これがありますよね。

平和に過ごしている日常生活、とのギャップが凄い。

たかがテニス、たかがゲームとはいえ、負けたくないじゃないですか。

特に市民大会や学生のトップの大会は、自然と熱くなる。

日常生活とは全く違う、闘志あふれる試合。

相手を攻撃していく姿勢、アナタ自身にはありますか?

これを養えていないと、本当の意味での技術は養えない。

ただ、ボールを打って返すだけ、のテニスになりがちなんです。



攻撃のメンタル、を持つ勇気を

試合の中で、向かって来る相手と、そうでも無い相手。

結構、分かれると思いませんか?

例えば、ダブルスの試合での、相手前衛へのアタック。

ストレートにしっかり打つ、相手にぶつけるくらいのボール、打てる選手がどれだけいるでしょう。

私は、特に3回戦までに敗退する選手の中には、少ないと思いますよ。

本人は、「いつでも打てるけど、あえて打たないんだよね」と思っている人が多いでしょう。

でも、それって違います。

攻撃のメンタルを持ち合わせていないこと、が致命傷になっていることに、気付いていない。

だから、本当の意味での技術って身に付かないんです。



攻撃するから自信になり、強さになる

相手を攻撃して、成功する。

こういう成功体験が、試合では凄く大事。

そして、練習にも活かされる。

「やってみて上手くいった攻撃」こそ、アナタ自身の血となり、肉となり、強さになる。

最初が、怖いんです。

勇気が要るんです。

特に、仲間うちでのテニスでも、何を言われるか分かりませんしね。

でも、テニスの試合では攻撃していかないと、自分がやられるだけ。

勇気を出して踏み込んで、攻撃してこそ世界が拓かれていくのがテニス、です。



効くかどうかは、打ってみないと分からない

「でも、自分のショットはまだまだで・・・」という発想が、一番もったいない。

打ってみないと、効くかどうか分からないじゃないですか。

反撃されたら、しょうがない。

攻撃のメンタルに必要なのは、ちょっとした楽観主義。

効くかどうかは分からない、相手次第、だからやってみて考えよう、で良いと思いますよ。

試合の現場では、手数を出さないと話になりませんからね。

普段の練習から、そうでしょう。

攻撃していくこと、されることが日常になるように。

意識して、日々過ごしていきましょう。

   

お勧めの練習法

つなぐだけのラリー、をどこかで止めましょう。

お互いに、2往復つながったら攻撃し合う、攻め合う。

この意識があれば、練習から攻撃のメンタルが養えます。

「〇〇さん、ラリーする気あるの・・・?」と思われないように、全体での意識統一が不可欠です。

ラリーする気は有ります、ただお互いにダラダラつなげないだけ。

こういう小さい決め事、で練習って変わりますよ。



攻撃のメンタルは、養い辛い。

特に、和を以て貴しとなす日本人からすると、非日常ですからね。

でも、だからテニスは楽しいんですよ。

これだけは、みなさん覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり

    なぜか・・・テニス界にはこういう人が多い。そして、こういう周り…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

    テニスをやってきて、良かったなと思うこと。もしかしたら、テニス…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない

    「試合で緊張して、力を出し切れません…」こういうお悩みのご相…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

    もうすぐ4月。何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?

    自分の攻撃、作戦が相手に効かない。そんなとき・・・アナタはどう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要
  3. テニス 序盤

    その他

    テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと
  4. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
  5. テニス 準備

    メンタル

    「楽な初戦」は、アナタにとってマイナスな要素にしか成り得ない
PAGE TOP