テニス トレーニング

テニス知識

一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

テニスに必要な体力、筋力をしっかり蓄えておく。

その為には、良い道具を使って効率的に、そして継続的に行っていくことが大事。

皆さんの自宅でも、一人でしっかり出来るトレーニングは、必ずあります。

その為に必要な道具、それから簡単なトレーニング方法を今回はまとめてみました。

 

一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

 


 

1.メディシンングボール トレーニング

テニス トレーニング

体幹を鍛えてテニスで必要な力強いストローク、サーブを打っていく。

そのために、メディシングボールを使うことは非常にオススメです。

身体のひねり、戻しを鍛えることでストロークの切れ味は確実にアップしますし、疲れた場面でのサーブもしっかり打てる。

もし部活やサークルで取り入れることが出来れば、投げ合う相手がいてより良いトレーニングが出来ると思います。

身体を大きく使うテニス、にステップアップ出来るでしょう。

 

 

 

2.チューブ トレーニング

テニス トレーニング

プロ選手でも多く取り入れている、チューブトレーニング。

ゴム状のチューブを使って身体に負担を少なく、でも有効な負荷をかけることが出来るので、数本持っておくと良いでしょう。

どこか柱のよな場所に固定して、引っ張りながら鍛えていく。

そのときに、鍛える部位以外は動かさない、しっかり姿勢良く意識してみて下さい。

足で踏んだチューブを引っ張ったり、試合前でも身体を温めるのには効果的なこのチューブ、テニス選手なら必携です。

 

 

 

 

3.バランスボール トレーニング

テニス トレーニング

自宅の狭いスペースでも簡単に使えて、効率の良いトレーニングが出来るバランスボール。

姿勢良く座っているだけでも良いトレーニングになりますが、せっかくですので良い使い方を覚えて楽しみながらトレーニングに使っていきましょう。

ただ、慣れないと横に転んで怪我してしまう可能性もありますので、慣れるまではしっかり注意して使いましょう。

体幹の筋力が付いてくると、自然に倒れない、踏ん張りが効く筋力が身に付いていく。

そうなるときっと、テニスも強くなると思いますよ!

 

 

 

上手く道具を使うこと、が出来るとトレーニングはもっと効率的になります。

また試合会場にも持参することでウォーミングアップにも使えますし、いつものトレーニングを思い出すことでメンタルも安定する。

自分のトレーニングの相棒、今回ご紹介した以外にもたくさんあるので探してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

    もうすぐ、ゴールデンウィークも終わり。この連休が終われば、もう…

  2. テニス知識

    私が最近よく見るYouTubeチャンネル7選

    2019年、T-PRESSはYouTubeでの動画コンテンツ、をメイ…

  3. テニス 防寒

    テニス知識

    寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

    これから秋にかけて、急激に寒暖差が激しくなってきますよね。テニ…

  4. テニス ボレー

    テニス知識

    「テンションを5ポンド落としたラケット」を準備しておくと・・・?

    試合中、ボールが飛ばない・・・と感じること、寒い時期は多いはず。…

  5. テニス シューズ

    テニス知識

    【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について

    テニスはフットワークが重要。そのフットワークを支えるのは、なん…

  6. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

    私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。ですので、直接…

コメント

    • 工藤夢香
    • 2017年 9月 08日

    わたしはダブルスが得意です!
    けど、シングルスがなかなか勝てません。シングルスの試合でいいプレーを出した後のポイントはどういう気持ちで行けばいんでしょうか?次は守ればいいのか、攻めればいいのか、迷ってしまいます。
    あと、練習て意識出来ても、試合で意識出来なくなって、思い通りのプレーが出来なくなります。どうしたらいいでしょうか?

      • tomita
      • 2017年 9月 08日

      コメントありがとう御座います!シングルスの試合は、良いプレーの後にはそのプレーを活かして相手にプレッシャーを与えることが出来ると良いと思います。
      例えばネットプレーが決まった後は、また前に出るような素振りで揺さぶったり、良いショットを意識させて、逆を突いたり・・・というのが有効です。
      また作戦を試合で意識出来ない、ということでしたら、やることを絞ってチェンジコートの時にそのメモを読み返す、だけでも違うと思いますよ。
      何かしら、自分の目で見える形にして置いておくと、忘れることは無く実行できると思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと
  2. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ
  3. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェック…
  4. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  5. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは…
PAGE TOP