テニス ミス

練習メニュー

素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

皆さん、家や学校でラケットの素振り、していますか?

「地味だし面倒だから・・・」

「実際にボールを打たないと、効果無さそう・・・」

と思っている方、ほとんどだと思います。

ですがこの素振りでテニスが上達した、試合で勝てるようになってきた選手を私は何人か実際に観てきました。

そしてそこにはある、共通点があったのです。

 

素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

 


 

1.「打ちやすい球の素振り」だけになっていないか?

素振りって、基本的に誰も観ていないところでやりますよね。

何となくテレビを観たりしながら、リラックスしてやっている感じだと思います。

もちろん、これでもやらないよりは全然マシですが、上手くなるかというとそれは怪しいところ。

だって、試合で実際に振る感覚と、かなり異なる感じでの素振りになっていませんか?

膝も伸ばしてリラックスして、余裕を持ってスィングできる・・・場面なんて、試合の中ではそう無いはずです。

 

2.低い位置でのボレー、ストロークの素振りが必要

実際に苦しい場面ほど、細かい部分の対応が求められるのです。

苦しい場面ほど、「反復練習の効果」が試合では現れやすいし、試合を左右します。

苦しいときに踏ん張れる、その為の練習がテニスやスポーツでは必要です。

誰も見ていない中で、しっかり自分にとって必要で辛い練習が出来るかどうか。

こういった積み重ねをしっかり活かす為には、素振りのような細かい個人練習の積み重ねは絶対に必要です。

 

3.素振りは自分で工夫するから楽しい、とうことに気付いて欲しい

練習は何でもそうですが、自分で工夫するから楽しい。

特に個人練習は、誰にも迷惑かけるわけでもないので、もっと大胆に自分で改革していきましょう!

私はいつも、公園で一人、ラケットとボールでどんな練習が出来るか日々研究していました。

今思えば少し暗い感じで、周りから見ると浮いた存在だったのかも知れませんが、工夫した練習で上達していくことが楽しかったんです。

 

もちろん家で出来ること、近所で出来ることも限られているとは思いますが、まずは何が出来るか考えてみて下さい。

それから、自分がどういうフォームでどういうプレーがしたいのかも、考えてみる。

一人で練習する時間を作ることが出来ると、結構人は客観的になります。

チームでのオンコート練習も大事ですが、一人の時間も大事です。

テニスとしっかり向き合いながら、上達していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で楽したければ、練習で苦しむしか無い

    練習の鬼に、なれるかどうか。それは何も、体力を消耗してヘトヘト…

  4. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく

    テニスって難しい。20年やってても、上手くいかないことばかり。…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  6. 練習メニュー

    出来ない頃は、楽しかったよね

    テニスへのモチベーション、最近みなさんはどうですか?私は比較…

特集記事

  1. テニス 雪

    日々の雑記

    自分の未来から、タイムスリップして戻って来た、って考えてみない?
  2. サーブ

    ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?
  3. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由
  4. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出…
  5. テニス チャンス

    練習メニュー

    大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ
PAGE TOP