練習メニュー

テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため

同じ練習をずっとしていると、何が問題なのか・・・。

以前に、練習は慣れてしまうと意味が無い、という内容を書いたと思いますが、それよりも勿体ないことがあります。

新しい練習をしないと、新しい自分に出会えない。

もっともっと、アナタのテニスは無限に拡がって良いと、私は思っています。

 

テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため

 


 

■練習でしか、自分のテニスを知る機会が無い

普段の練習でしか、自分のテニスに出会う機会は無い。

確かに、テレビでプロ選手の動画を観ていれば、色々なショットを観ることが出来る。

ですが、それはあくまで観戦者の立場。

自分の手でラケットを持ってプレーしてみてこそ、新しい発見があり試合でどう活かせるかのイメージが湧いてくる。

こういった発見を生み出すには、練習からどんどん新しい要素を入れていく必要があるのです。

 

■出来ない、向いていないと決め付けて自分を守っていないか?

勉強もそうだし仕事もそう。

人は、自分が出来ないことを何か理由を付けて避けてしまいがち。

テニスの練習だって同じです。

練習の段階で上手くいかない、人に負けてしまうの嫌だという理由で、いつも同じような自分が得意な練習になってしまう。

ここを思い切って、変えていきたい。

ボレーの練習だったら、思い切ってサーブ&ボレーや並行陣、の練習をやってみる。

上手くいかなかったら、何が足りないのかを考える。

でも・・・私の経験上、結構やってみたら上手くいくこと、多いんですよ。

「あれ?俺ってもしかして、これ得意・・・?」みたいな感覚、絶対あります。

こういった新発見が出来るのも、新しい練習にチャレンジした成果。

チャレンジしないと、何も発見出来ないままに、ただ時間だけ過ぎていってしまいますよ。

 

■たくさんの技術に挑戦すれば、相手の気持ちも分かるようになる

練習のバリエーションを増やせば、周りを見る目も違ってくる。

ボレーが苦手な人の気持ちも、スマッシュを後衛に任せてしまう気持ちも、どこか理解出来る気がしてくる。

自分が幅広い練習が出来ていると、テニスの試合が強くなってくるってこういうこと。

普段同じような練習しかしていない人って、観察眼も養われないのです。

 

新しい練習って、でもどんなことをすれば良いか・・・と悩んでいる人は、まず色々と工夫してみましょう。

テニスでは色々なラリー練習、工夫の仕方があります。

ポイントは、最初慣れないうちは「ゆっくり、正確に」打てるようにしていくこと。

ラリーがつながってくれば、その中で相手を攻撃していく。

最初から力を入れて打とうとしても、ボレーやスマッシュ、新しい技術は難しい。

自分なりに、チームなりに、何でも良いので週に1~2個くらいは新しい練習、入れていきましょう。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い

    上達するのに、必要なこと。私はこれ、だと思いますよ。ま…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

    普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?大き…

  4. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力を発揮できる為に

    テニス上達のためには良いフォームを身に付けないといけないんだけど、どう…

  5. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

    試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。…

  6. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

    漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。著者…

特集記事

  1. ロブ

    攻めるロブは、あえてクロスに!
  2. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?
  3. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆…
PAGE TOP