テニス ボレー

ストローク

「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残してみよう

ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・・と悩んでいる方、私も今年は同じ悩みで1年間過ごしました・・・。

練習では良い軌道で打てていても、いざ試合になると特に大事なポイントでミスなってしまう。

これをメンタル的な問題で解決させてしまうのは、もったいない話。

あくまで技術的にどう改善が必要かを考えてみてこそ、テニスの成長が見込めるというもの。

今回は顔を残す、気持ち的には残し過ぎるくらいを意識してみませんか?というお話です。

 

「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残してみよう

 


 

■ラケットの真ん中にボールを当て、丁寧なフォームで打つことに集中

アナタが思っている以上に、もしかするとボールはラケットの真ん中から離れたところに当たっている可能性があります。

最近のラケットはスィートスポットが広く、上手くカバーしてくれる半面、細かい「打ち損じ」に本人が気づかずに修正が遅れているケースも多々、見受けられます。

改めて、打点に顔を残してボールが当たる瞬間を見ましょう。

丁寧なフォームで振り切ることに集中して、目線を移すのは意識して遅らせてみること。

試合の中で実践していくには多少勇気がいりますが、とても大事な基本ですので改めて見直してみませんか?

 

■ネットの向こう側の対戦相手を、意識し過ぎてはいけない

打った方向を早く見たいのは、そこに「相手」がいるから。

自分の打った打球がどの程度有効に効いて、相手の態勢はどうなっているのか?気になりますよね。

確かに少しでも早く把握できれば、アナタのチャンスは広がり、ピンチは最小限に抑えられるかも知れません。

ですが、意識し過ぎることでフォームを崩してミスしたり、ショットの精度が落ちては元も子も有りませんよね。

優先順位を、まずは「良いボールを打つこと」だけに絞ってみて、一度試合を進めてみて下さい。

意外とその後に状況を確認しても、ショットが良ければアナタの優位は動かないはずです。

 

■「良いショットを打つこと」に集中する為に、1.0秒はあえて捨てる

では、どの程度顔を残せば良いのか・・・ここはしっかり、数字で決めましょう。

1.0秒、しっかり顔を残しておくこと。

これが出来れば、思った以上に打点に目線が残って良いショットが打てるようになるはずです。

そして、打点の高さはしっかり維持する

「1,2!」と自分の中で2つに分けて、小さい声を出しても良いですし、自分の中で確実に1.0秒を確保できるような間の取り方を模索してみましょう。

 

テニスはリズム感がとても大切。

一定のリズムでしっかり打ち続けられるように、しっかり練習から実践しておきましょう。

ストローク同士のラリー、特にシングルスの試合では、全く焦る必要はありません。

速いボールよりも、むしろしっかりコントロールされてゆっくりしたボールのほうが、試合では使えますよね。

この打点に目線を残す方法で、よりシンプルで試合に使いやすいショットに仕上げていきましょう。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

    現代テニスの申し子、のような選手。しっかり粘りながらも、浅いボ…

  3. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  4. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無…

    練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います…

  5. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の問題について

    ストロークのスタンスって、大きく分けるとオープンスタンスとクローズスタ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    今も昔も、「ストロークの変わらない基本は、前に踏み込んで打つ!」この基本、忘れていませんか?

    人は何かを上達させていくときに、壁にぶつかれば必ず基本に立ち返る。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  4. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない
  5. 練習メニュー

    テニスの練習を、自らリードしていける選手になろう
PAGE TOP