テニス ボレー

その他

テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

テニスの試合、大会は、誰もが平等に扱われる真剣勝負。

本当に、そう思いますか?

実は、そうじゃないんです。

テニスに限った話ではないかもしれませんが、大会側にも意図がある。

少し考えてみれば、それは至極当然の話、なんです。

私たちが戦うべき相手、倒す相手は、実はすごく強い後ろ盾があると覚悟しておきましょう。

 

テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

 


 

1.第1シードがサクッと負ける、そんなの誰も望んでいない

テニスの大会の中での、シード選手。

それは、大会の華であり、勝ち進んで欲しい選手、でもあります。

「グランドスラムの大会だけの話でしょ?」と、思いますか?

いえ、私たちの草トーや市民大会、だってそうです。

代表を決めるような地区予選、でもそう。

第1シード、つまりは実力がNo.1の選手が勝ち上がって、優勝したり代表になることが、運営側としても望ましいと考えている。

ポッと出の選手に代表になられて、次のステージで負けられても困りますからね。

つまりは、テニスの大会は「シード選手が勝ち上がるように、組まれている」ということ。

これくらいに考えておいて、損は無いです。

 

2.優遇されないこと、を嘆いてはいけない

私自身も、たくさん近しい光景を見て来ました。

どんなに下部ツアーの大会でも、シード選手って優遇されます。

小さい控室しかなければ、それはシード選手専用の部屋になる。

シード選手からの要望があれば、コート脇の木を切ったり落ち葉を掃除したり、たくさんやりましたよ。

「そんなの、差別だ!」と思う気持ちも、分かります。

でも、勝ち上がってアナタ自身がそのポジションを奪うしか、道は無いんですよ。

 

3.最大の敵は、周りの観客

それから、もう一つ。

一番のシード選手の味方は、周りの観客です。

アナタ自身がどんなに善戦しようとも、シード選手が簡単に負けることを周囲は望んでいない。

そんな雰囲気が、試合会場、コートの周りを包んでいくような経験、ありませんか?

これを乗り越えないと、アナタ自身に勝利は無い。

格下は、悪役。

それくらいの覚悟を持って、試合に臨んだ方が良いでしょう。

最大の敵は、観客?

いや、その観客の応援に心が折れてしまう、自分自身の弱い心です。

 

4.欲しければ、奪い取ろう

シード順位は、待っていても与えられない。

どこかで倒して、アナタ自身が奪い取らないといけないもの、ですからね。

市民大会や県大会、もう倒すべき相手はイメージ出来ているはず。

それを、応援する運営側や観客、も想像してみましょう。

そこに対して、向かっていける心の準備、出来てますか?

アナタ自身の強さ、が試されるのがこういう戦い、です。

それがテニスをしていて、最高に楽しいんじゃないですか。

 

壁を越えることは、最高の自信になる。

完全にアウェーの雰囲気での試合、勝てると本当に自信になりますから。

まずは、シード選手と試合が出来るように、勝ち上がりましょう。

そして、自分自身と戦いましょう!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. その他

    【大会告知】12/29 年末インドアコート ダブルス大会 in OTS南町田

    気が付けばもう11月。そろそろ年末のご予定を考えている方も多…

  2. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

    「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」私たちはどこか…

  3. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について

    皆さんの中でも、「ポケモンGO」始めてみた方多いと思います。街…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  5. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから面白い

    T-PRESSの読者の皆さんの中には、テニスを始めて間もない方から、長…

  6. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなことに

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボー…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント
  3. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう
  4. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?
  5. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
PAGE TOP