テニス メンタル

メンタル

テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

テニスの大会では、シード制度というものがある。

テニス以外のスポーツでもありますが、要は強い選手はなるべく上で対戦するように、トーナメント表の端のほうから埋めていく、というシンプルな仕組み。

アナタ自身、もしかしたらシードされる立場かも知れませんが、おそらく読者の皆さんのほとんどはそのシード選手に対して「挑戦」していく立場の選手じゃないでしょうか。

でも、対戦する相手って・・・一番の強敵、実はアナタ自身なのです。

 

テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

 


 

■「いつも通りに」なんて出来ないと思っておいた方が良い

相手は格上、ボールスピードやサーブの威力、試合運びの上手さも一枚も二枚も上。

まず、そんな対戦相手とどんな試合が出来るのか。

普段の練習から、イメージ出来ていますか?

自分の周りの選手、仲間だけ意識していても、アナタがトーナメントを勝ち抜けるとは考え辛い。

そう、普段からしっかり考えて準備しておかないと、「いつも通りに試合」なんて絶対に出来ないのです。

 

■押し寄せる「不安の波」に打ち勝つには、準備力しかない

もしアナタが準備出来るなら、来るべき決戦に向けて何が出来るでしょうか?

当然、まずはシード選手との対戦まで勝ち上がらないといけない。

そして、普段から「明らかな格上相手」の練習、打ち合いの経験も積んでおかないといけませんよね。

厳しいようですが、「そこまでしなくても・・・」と思う人は、正直そこまで。

試合の一発勝負で勝てるほど、テニスという競技は甘くない。

甘くないからこそ、本気で準備すればチャンスは誰にでもあるのです。

 

■「最大の敵」である自分に打ち勝つためには?

しっかり準備して接戦に持ち込む、5-4、40-30くらいまで追い詰めたとする。

このポイント、しっかり自分を信じてプレーし切ることが出来ますか?

きっと、難しい。

そう、どれだけ準備をしても、どこかで「勝って良いの?勝っちゃうの・・・?」と自分に問いかけてしまう。

この弱い自分こそ、一番の強敵なのです。

打ち勝つには、自分の得意パターンをしっかり把握して、やり切ること。

絶対に相手のミス待ち、になってはいけないのです。

 

マッチポイントをしのがれたら、もう終わりでしょう。

格上相手には、最初のマッチポイントで試合を決めないとかなり厳しい。

そう、復活のきっかけを与えてはいけないのです。

その強い気持ちを持てるかどうか。

自分自身との戦い、もう準備は始まっている・・・はずですよね?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスも強い選手は、相手の恐怖心が大好物

    これにのまれてしまうから、試合で勝てない。いや、勝てる雰囲気す…

  2. テニス 陸上

    メンタル

    テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違いはどこにあるのか?…

    試合の中で、調子良さそうにプレーしていたのに、急に別人のようになってし…

  3. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない

    皆さん、今年一年の目標や覚悟、テニスにおいて定まっているでしょうか。…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

  5. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう

    皆さんはテニスを、どこかで「習って」いますか?それとも「自分で…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

    環境を変える、ショットを変える、戦術を変える。成長することとは…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    身近になれば、それは掴める
  3. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ…
  4. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンに安定感がある人が意識している、ある基本について
PAGE TOP