テニス メンタル

メンタル

「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

初めてラケットを握ったとき。

その頃の感覚、アナタは思い出せますか?

今、自分のテニスに悩んでいる、どうも不完全燃焼気味な方は、ここから意識して欲しい。

きっと、アナタにとってかけがえの無い仲間は、こういう人たちです。

 

「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

 


 

1.アナタのルーツは、アナタの過去に必ずある

テニスを始めたころの、アナタの感覚。

それを、ちょっと思い出してみて下さい。

今、自分のテニスに悩んでいる、試合で勝てないで凹んでいる・・・そんな人は、会いに行ってみましょう!

もしかしたら実家に帰省、なんてことになるかも知れませんが、その価値はあると思います。

初めてラケットを握って、ボールを打った感覚。

それを共有してきた仲間は、アナタがこれから強くなるヒントをたくさん持っているはずです。

 

2.教えられてもいないのに、人それぞれ違うのがテニス

初心者の人って、まだ細かく教えられていなくても、打ち方って違いますよね。

テニスであれば、いきなりホームランしてしまう人も、慎重に慎重に打つ人も、色々。

でもその違いって、その人の個性でありルーツ。

今、アナタ自身がテニスに悩んでいるのであれば、自分の過去に立ち戻ってみて、考えてみる。

「あの頃、何を考えながらテニスしてたっけ・・・?」と、思い出してみて欲しい。

そして、近くにいた仲間は必ず観ている。

「お前って、いつも○○みたいな感じだったよ~」と。

 

3.自分の行動や強みって、変わっていない

実は、自分の行動や強み、個性ってそんなに変わっていない。

テニス以外の部分でもそうですね。

慎重な人は観察力があるし、思い切りが良い人はチャレンジ精神がある。

そんな「元々の、昔からの自分」に触れてみると、きっと今を打開するヒントがたくさんあるはずなんです。

テニスの試合で勝てない、と一人で悩んでいるのはもったいない。

アナタとテニスを一緒に始めた仲間、初心者の頃を知っている人に、会いに行きましょう。

 

悩んでいるということは、向上心があるということ。

それ自体を、悪い方に捕らえないでください。

不完全燃焼になっているのは、何かきっかけが足りないだけ。

テニスは試合に出ている限り、絶対壁にぶち当たるもの。

そこで自分の過去と向き合う、ことは

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?

    試合というものは緊張するものだ。結果が欲しいから負けたくない。…

  2. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ

    コツコツ練習を続けて、試合も出ているけど、テニスが上達しない。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「弱い時に、強い」テニス選手になろう

    新しいことには、パワーが要る。それに、ちょうど新しいことをや…

  4. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

  5. テニス ハードコート

    メンタル

    試合でどうしようもなく緊張するときには、「結果は既に、決まっているもの」と考えてみよう

    どうやっても、テニスの試合は緊張する。それは、大事な試合で避け…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    「いつも入っていたショットが、入らない」のなら、いつもが異常だったのかも知れない

    よく高校生の男性の方から頂くのが、「試合になると、全てが入らなくなる」…

特集記事

  1. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない…
  2. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  3. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術
  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  5. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
PAGE TOP