テニス 雨

メンタル

「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪魔してくる」

「ファーストサーブをフォルトしたら、チャンス!とか言ってくる」

こういった行為についてのご意見も、たくさんアンケートで頂きました。

私自身、草トー会場で見ていても、「ちょっと酷いな・・・」と思うような選手、ペアは実際にいます。

でも、そんな相手にも私たちは試合で対戦し、勝っていかないといけない。

腹を立てて負けていくのが、一番悔しいですからね。

ここは、冷静になって対策を考えましょう。

「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

1.サービスエリアに入って来る前衛、の対策は・・・?

ダブルスの試合で、皆さんも見た経験あるんじゃないでしょうか。

対戦相手の前衛が、サーブの選手を惑わそうとしてサービスエリアの中に入って来る。

少しでもメンタルを乱して、フォルトを誘おうという魂胆が見え見えですよね。

この対策、私なら思い切って「相手が入って来ている場所を狙う」ことで対応します。

要はセンターへのサーブ、をしっかり打ち切るということですね。

2.味方に邪魔されている、とリターンの相手に思わせる

逆の立場で、どうでしょう。

リターンする立場で、味方が前をうろちょろ動いて、しかもその場所近くにサーブが入って来る。

リターンしようとしても、その前衛がまず邪魔、じゃないですかね?

私だったら、そう感じます。

リターンする選手が邪魔と感じるように、あえてセンターを狙って「仲間割れ」を誘ってみる。

もちろん、そんなことで崩れていくようなことは無いペアがほとんどでしょうが・・・確実に、雰囲気は悪くなってくるでしょう。

相手の邪魔をするつもりが、味方のリズムを崩しているようなペア、結構多いですよ。

センター付近をうろちょろする相手には、遠慮なくセンター、に打っていくことが一番大事です。

3.相手を乱そうとする相手には、毅然と対応しよう

結局、こういう選手は自分で自分を信じられない人たち、なんです。

自分の実力が無いと分かっているから相手を乱そうとする。

それも、プレーや配球、テニスの実際のプレーでは出来ないから、こういったオフプレーでのマナー違反ギリギリの行為に及んでしまう。

そう考えると、すごく「可哀そう」に私の目には映ります。

もちろん、勝とうと必死なのは良いことなんですが、やり方が間違ってますしね。

本当に強いペアに、そういう惑わしは全く効果無いですよ。

自分たちで、自分たちの首を絞めるだけです。

4.効果が無いと感じたら、諦めるのも早い人たち

実際に試合を観ていると、相手を乱す動きが効かないと見るや、諦めるのも早い。

自分たちに策が無い・・・んですよね。

色々小細工することに熱心になると、自分たちを鍛えて成長させていく、試合で使える武器を増やすという発想が乏しくなる。

諦めるのが早い、から粘りも身に付かない。

マナー違反ギリギリの行為を繰り返していると、一緒に練習する仲間もいなくなりますしね。

対戦相手も、良い印象を持たないままに評判は一気に拡がる。

結果的に首を絞めて苦労するのは、自分たちですよ。

「でもやっぱり・・・負けたら悔しい!」と思うのは、当然です。

でも、その経験は絶対に次に活かせるはず。

毅然とした対応が出来ないのは、厳しいかも知れませんがアナタの準備不足。

マナー違反ギリギリの行為、だけでは、なかなかレフェリーも呼べないし動けないでしょう。

試合を勝っていく、には乗り越えていくべき壁、です。

「あぁ、またやってるな・・・」くらいに思えるように、自分を強く持って試合に臨みましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう

    テニスの試合の中で、調子が上がらない時。手段の一つとして、私が…

  2. メンタル

    相手の前衛にビビらない、そんな自分イメージ出来る?

    いや、これですね…大事です。私は最近、すごく自分で自分が嫌に…

  3. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック…

  4. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  5. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

    大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。私自身、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

    もうすぐ4月。何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?
  4. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
  5. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
PAGE TOP