テニス 練習

ボレー

「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ

部活でテニスを頑張っている学生の方は、どうしても練習がストロークに偏りがち。

ボレーで細かいテクニックを身に付けるには、個人練習でカバーしていく部分が必要でしょう。

今回は自宅や部活の空き時間に実践できる、ペアで出来る練習メニューを紹介します。

積み重ねていくことで、必ずネットプレーが得意になるはずです!

 

「ボレーを個人練習で磨きたい!」という方にお勧めのペアで出来る簡単練習5つ

 


 

1.手出しで球出しボレー

片方の人が手出しで球出しを行い、ボレーで返球。

シンプルな練習ですが、しっかり相手の胸めがけてコントロールするのは意外と難しい。

バックハンドもしっかりラケットの真ん中に当てて返球する癖を付けましょう。

最初はミドルボレーから、徐々にハイボレー、ローボレーを混ぜて、慣れてきたら高さやフォアバックをランダムに。

試合前のアップにも最適な練習です。

 

2.コースの打ち分けをしっかり行う、クロスストレートのボレーボレー

ボレーボレーに約束事を付けて、よりコースの打ち分けを意識します。

片方がストレート、片方がクロスへずっと返球していく形で、安定した軌道でボレーボレーできるようにしましょう。

ストレートへ返球する側が相手を動かすイメージで、クロスへ返球し続ける方が少し大変。

スピードが上がり過ぎないように、あくまでコントロール重視でやってみましょう。

 

3.1クッションボレーボレー

ラケットで一度ボールを触り、1クッション置いてそのボールをボレーで返球する。

ドロップボレーの練習に最適ですね。

相手のボールの勢いを殺す必要がありますので、最初のタッチは優しくボールを包むように、そして2回目ではしっかり足を前に踏み込めるとベストです。

バックハンド側でもしっかり練習して、ドロップボレーの感覚を磨きましょう!

 

4.長い距離でのローボレー対ショートストローク

距離が確保できる場所があれば、少し長い距離でボレー対ストロークを行いましょう。

ボレー側はローボレーを練習したいので、ストローク側はボールが浮かないように、ネットが無くても沈めるイメージで。

ローボレー側は、相手の軌道とほぼ同じ軌道で、深いボレーを安定して返球できるようにしましょう。

 

5.守備力を磨く上から手出しハーフボレー

ボレーは攻撃だけでなく、守備にも用います。

相手のポーチをキャッチしたり、打ち込まれたときに1本多く返す意識が試合では大切になりますよね。

手出しの球出しを、上から少し強めに相手の足元を狙って出してみましょう。

最初は「厳しい!」と感じるかも知れませんが、徐々になれると、意外と返球できるもの。

こういったボールは、ハーフボレーのほうが返球しやすいので、どちらにもできるよう準備しておきましょう。

スプリットステップをしっかり踏むことが、ポイントです。

 

ペアで練習していけば、ダブルスの試合の中でも「こいつはこの返球は上手い」というのが、理解できてきます。

そうすると、試合の中でも「あのコースは任せられる」という安心感が生まれて、自分のショットにも集中できるのです。

連携が弱いダブルスは、ペアの特徴を理解できていない。

だからカバーもできないし、強みも活かせないケースが多いのです。

こういったオンコート以外の練習で、お互いを知り連携を磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. その練習を、疑おう
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

    前衛のボレーでもなく、後衛のストロークでもない。テニスでは、前…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

    一般のテニススクールでは、女性のバックハンドボレーは両手で勧められます…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。それは、なるべく「腕だけで打…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

    グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。スライ…

  6. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

    みなさんは試合の中で、ドライブボレーを使う機会はありますか?私…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い
  2. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミッ…
  3. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  4. テニス マナー

    戦術

    テニスの試合でも、調子が悪ければ早めに「選手交代」してしまおう
  5. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得
PAGE TOP