テニス ダブルス

サーブ

ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。

試合で、まずファーストサーブが入らない。

普段入らないから、入った時にもおかしくなる。

ここをしっかり、考えていかないとアナタ自身、勝てる選手にはなれないですよ。

 

ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

 


 

1.70~80%の確率がベスト

この確率、をベースにしましょう。

基本は、4本に3本、入る。

セカンドサーブがあると、思ってはいけない。

相手に対して、ファーストサーブのリターン、を繰り返させることが大事。

これが当たり前、のようにしておかないと試合では勝てない。

セカンドサーブにエネルギーを使っているから、アナタ自身試合でリズムも悪くなる。

自分の中で、70~80%という確率は常に頭に入れておく。

習慣付けていくこと、が大事です。

 

2.何より、自分の為

まず、自分の為という認識が大事。

ダブルフォルト、みなさん試合で何回くらいありますか?

セカンドサーブから、何%くらいポイント取れてますか?

ここを真摯に考えて向き合えば、ファーストサーブの重要性にいきつくはずです。

ファーストサーブを入れていけば、自然とキープ出来る。

この状態が、普通なんだと。

自分の中での試合を組み立てていくこと、が大事です。

 

3.ダブルスこそ、ファーストサーブが重要な訳

答えは、簡単です。

前衛が、どんどん動いて乗っていけるから。

セカンドサーブになると、前衛はやはり動き辛い。

威力が無い、というよりも、ファーストサーブで動いてフォルト、の時点で萎えてしまう。

これは、確かに前衛失格なんですが、ある意味仕方ない部分もあります。

それくらい、ファーストサーブが入ることを信じて、動いている訳ですから。

セカンドサーブになっても同じことを繰り返し、は相当パワーを使う。

リズムも悪くなる。

この事実、をサーブを打つ選手はもっと真剣に考えないとダメです。

 

4.じゃあ、どんなサーブにしていこうか?

では、どんなファーストサーブにするのか。

みなさん、真剣に考えていきましょう。

回転をかけて、軌道を高く、速度はそこまで速くなくて良い。

安定感があり、ある程度狙ったコースに飛ぶ。

ここから逆算していきましょう。

「サーブは苦手なんで、無理だよ・・・」と思う方は、その意識改革から。

苦手だからこそ、セカンドサーブにしない、ファーストサーブを変えていく。

そうすれば、間違いなく試合で勝てるようになります。

 

ファーストサーブをドーン!

セカンドサーブをゆるーく。

そんな選手は、もう3回戦で消えていくでしょう。

ファーストサーブを、緩くリターンし辛い場所にコントロール。

地味だと思うかもしれませんが、これが試合では大事。

ダブルスプレイヤーのみなさんこそ、ぜひ真剣に考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い

    試合の中で、サーブの調子ってどうしても水物。調子が悪いときって…

  2. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを…

    ダブルスの試合、特に男性の試合ではサーバーが「どのコースにも打てる」と…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  5. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

    テニスにおけるサーブは、なぜか「失敗」ばかりが注目される。ダブ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

コメント

    • YS
    • 2018年 8月 22日

    いつも楽しく勉強させていただいております.

    「セカンドサーブを打たない」という意識改革ができたのは
    こちらのサイトのおかげです.

    現在,試合形式の練習のときに実践して
    「セカンドサーブを打たない」ことが
    サービスゲームのキープにいかに効果的かを
    まわりアピールして全体の意識改革に取組中です.

    PS.
    ほかにも,たくさんの意識改革をさせてもらってます.

      • tomita
      • 2018年 8月 22日

      コメントありがとう御座います!
      書かせて頂いていることは簡単なことでは無いですが、きっと実践出来ているということは凄い努力をされているからだと思います。
      私も見習わせて頂きつつ、より良い情報を発信出来るように、これからも頑張ります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  3. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技…
PAGE TOP