テニス メンタル

サーブ

本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

サーブが上手い、キープ率が高い選手。

は、試合でもゲームが計算しやすいから強い。

皆さんの周りにいるサーブが強い選手って、どんな選手ですか?

きっと1発、があるだけの選手じゃないと思うんですよね。

 

本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

 

自己最高速度、を競争しても無意味

つい、こうなりがちです。

私も学生時代はスピードガンコンテストに参加しているように、サーブを追い求めてました。

でも、結局その1発が入っても、試合では勝てない。

大勢は変わらないし、入った1発の幻想に囚われて自分を見失って負けていく。

テニスの試合って、そういうものです。

自己最高速度のサーブ、なんて入ることが少ないのですから気にしないこと。

気にすべきは、いかにいつも「同じようなファーストサーブ」を打てるかです。

 

2.ファーストサーブが崩れない、とはどういうことか?

ファーストサーブが安定していて、崩れない。

でも、上のレベルでは入れにいくだけのサーブだと当然叩かれてしまって終わり。

これも一種の、崩れている部類に入ると思います。

崩れないとは、相手に攻撃されないサーブを70%以上の確率で入れること、だと思います。

「攻撃されない」というのがポイントで、強引に自分から攻撃していくようなサーブ、でなくてもOK。

まずは安定感を重視して、テンポ良くファーストサーブを入れていく。

こういうサービスゲームが出来る人は、試合でも強いんです。

 

3.「崩れない」為に、日ごろから出来ることは?

まず、練習で意識して欲しいのはサーブを「シンプル」にすること。

トスの位置を低くして安定感を高めて、腕の動き体重移動から、全てをシンプルにしていくこと。

試合の中で安定感を高めるのに、複雑な動作って障害にしかならない。

何より、そんなサーブ疲れますしね。

良い機会ですので、そぎ落としてみませんか?

自分のサーブを、より使える、崩れないサーブにしていく為に。

 

サーブを変えるのって、難しい。

だからこそ、チャンスなんです。

しっかりシンプルにして、崩れる要素を減らしていく。

アナタに何が出来るのか・・・を、ぜひ考えてみて下さい。

自分で考えて、出した答えが正解です。

間違えたと思ったら、また変えれば良いじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由について

    プロテニス選手がサーブを打つ時、しっかりボールを選んでいる。一…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

  3. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  5. テニス 攻撃

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆
  3. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして…
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ
  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない
PAGE TOP