テニス リターン

サーブ

「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲームで攻撃的になれます!

サーブを苦手にしているテニス選手、意外と多いと思いませんか?

そういう選手は、トスアップ時に無意識にコースがばれてしまっている選手が多い。

アナタの周りでも、サーブのトスアップと打つコースの関係が明白にばれてしまっている人、探してみても面白いかも知れません。

何となく、ではなくしっかり注視することで、必ず特徴が見えてくるはずです。

 

「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲームで攻撃的になれます!

 


 

■トスアップの原則を確認しましょう

まずは原則の部分、確認しておきましょう。

打点が低い、トスが身体から離れていればスライスサーブになりやすい。

トスが身体より後ろ側であればスピンサーブ、その間ではフラットに近いサーブが比較的多いのが特徴。

もちろんこれはあくまで基本となる部分ですので、特徴が全員に当てはまる訳ではありませんが、まずは仮説として意識しておきましょう。

そしてやはり、スライスサーブは右利きの選手であれば右方向に切れていく。

デュースサイドでは、ワイドのコースに来やすいのが一般的です。

センターのコースに打っても右に曲がってきますから、しっかりワイドをケアするように意識してみましょう。

 

■トスアップと同じくらい大事な、サーブを打つ立ち位置

立ち位置もコースを予測する上では重要です。

トスアップ以前に、この「どこからサーブを打つか」という点は把握できますよね。

ワイドに立てばワイドのコースに、センター寄りであれば当然、センターにサーブは打ちやすくなります。

トスアップと組み合わせて、まずは「このコースは来ないだろうな」というコースはしっかり捨てる。

予測するには、この「消去法」がとても大事な考え方になります。

 

■僅かなトスアップの差で、コースを読む覚悟を!

実際に上のレベルのテニスの試合になれば、ほとんど同じトスアップからサーブのコースを打ち分けることができる選手が増えてきます。

それでも絶対に、諦めてはいけません。

必ず、コースを打ち分けるときには何かしらの特徴がある、と思って観察を怠らないようにしましょう。

コツとしては、トスアップされる場所、つまり相手サーバーの上のほうに目線を先に移動させておくこと。

そうすることで、少し右、左にずれている部分を、感覚的に捉えて断然、身体を反応させやすいのです。

ボールだけを見ていては、それがどこに上がっているのかの違いを把握するのが難しい。

裏技に近いかも知れませんが、ぜひ一度、アナタの試合の中で試してみて下さい。

 

トスアップからサーブのコースを予測できるようになると、思い切ったリターンからの踏込みやアプローチ、リターンダッシュなどの戦術が実践できるようになります。

大事なのは、「良いサーブ」に対してこそ、よりこの前に攻撃的にいく姿勢が大切だということ。

「良いサーブだな・・・これはブレイク厳しいな・・・」と思っているだけでは、受け身だけになってしまい試合には勝てません。

テニスは、必ず何かしらその人の特徴が出るスポーツ。

楽しみながら、トスアップも観察していく癖を付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブのトスは前、じゃあセカンドは…?

    ファーストサーブを打って、フォルト。じゃあセカンドを…という時…

  3. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

    試合の中で、センターへサーブを打つ。よくある光景ですが、実はこ…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます

    サーブのコース、どこを狙うのが好き?デュースサイド(右サイド)…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れ…

特集記事

  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  2. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?…
  3. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニ…
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識してい…
  5. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる
PAGE TOP