メンタル

試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

試合でなかなか、結果が出ない。

自分らしいプレーも出来ないで、モヤモヤしている・・・という方も、多いと思います。

「もっと自分を出していかないと!」と、焦る必要は無いと思いますよ。

勇気は必要ですが、それだけでは試合で自分を表現することは難しい。

客観的に、現実的に考えると、大事なことは見えて来るはずです。

 

試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

 


 

1.「自分を出す」って、どんな自分?

試合で、自分を出す。

さぁ、どんな自分が出て来る感じでしょうか?

自分らしいテニスと言えば聞こえは良いですが、それって結局何?と悩んでいる方も多いと思います。

「勇気が足りないから、何も出来ない・・・」という声も、よくお悩みで頂きます。

私は、その前に大事なことがあるんじゃないかと。

試合に出るなら、必要な準備がある。

それは、テニスの技術です。

 

2.技術があるから、試合をコントロール出来る

試合に必要な技術。

これが無いと、まず何も相手に対抗出来ません。

典型的な例は、リターンですよね。

速いサーブを、薄いグリップでリターン出来ない人は、ファーストサーブを返せない。

スライスサーブの曲がり、変化に対応出来ない人は、ラリーに持ち込めない。

こういう基本技術があってこその、自分らしいテニスじゃないでしょうか。

勇気があれば返せる、そんなに甘いものでも無いですから。

普段から、試合に必要な技術は何なのか、を考えて練習出来ているかどうかが大事になります。

 

3.技術は自信を養い、自分らしさを作っていく

どんな上手い人でも、基本を自分なりにカスタマイズして今がある。

一度しっかり、技術を身に付けてから、それを崩しているような人がほとんどです。

自分らしいテニスって、難しいですよね。

でも、そこにはベースとなるしっかりした技術、基本がある。

しっかりボールを打ち返せるようになって、自信が出て来てプレーも軽快になる。

周りから見て、「あの人らしいテニスだね」という風に、自然になっていくんです。

自分で無理に、求めていかなくても良いでしょう。

 

4.T-PRESS読者のみなさんは、きっと「らしさ」を持っている

私は、こう考えています。

このサイトを読んでいる人は、きっと問題意識もしっかり持っていて、自分を客観視出来ている。

そういう方のテニス、試合は、きっと「らしさ」があると思うですよね。

これは、確信を持って言えます。

そうじゃないと、なかなか読み続けられないですよ。

だからこそ、今の練習を続けて欲しいし、技術を磨いて欲しい。

自分らしさ、を求めなくても大丈夫、自然に周りの風潮がそうなっていきますから。

もちろんそこに肉付け出来るように、私も勉強して頑張ります!

 

勇気を持つこと、はすごく大事。

でも、強い気持ちやメンタルだけで勝てないのも、またテニスです。

技術を磨いて、自分らしさが形成されていく。

継続して意欲を持って、テニスと向き合っていきましょう。

アナタらしいテニス、自分で無理に意識する必要はありませんからね。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?

    テニスの試合、崩れていく人。これは、メンタルが弱いというよりも…

  3. メンタル

    フラットな目線を保つ

    目線をフラットに、姿勢を正す。ついつい、当たり前のようなこの…

  4. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  2. サーブ

    初中級から抜け出す、回転系サーブはこうやって打とう!
  3. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解…
  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう
PAGE TOP