テニス メンタル

メンタル

テニスで「最後は気持ち」という言葉は、しっかりと準備して、現場でやり切った人だけが言える言葉です

テニスは気持ち、メンタルのスポーツだとよく言われます。

私は正直、あまりこの言葉が好きではありません。

だって・・・その前に、やることたくさんあるじゃないですか。

気持ちって言う言葉に、どこか逃げてしまってはいませんか?

単なる準備不足と、試合の現場での観察力、思考力の不足。

このことに気付かないと、いつまでも気持ちが弱い選手、では無くすぐに負けてしまう選手のまま抜け出せません。

 

テニスで「最後は気持ち」という言葉は、しっかりと準備して、現場でやり切った人だけが言える言葉です

1.メンタルが不必要なスポーツなんて、あるだろうか?

精神的な強さ、確かにテニスには必要です。

ですがそれは、どんなスポーツにも言えることでしょう。

私はむしろテニスは、気持ちとは真逆の試合前の準備や統計、観察眼などの客観的な数値や技術で争う部分が大きいと思っています。

多少気持ちが弱くても、きっちり自分の成すべきことを決めて、試合の中で実行していく選手は強い。

自分を知り、相手を知ることこそ、結果的にメンタルの強さになる。

そこをやらないで、「気持ちで負けた」と言っていても、何の説得力もありません。

 

2.「やり切ること」の重要性を、試合に強い人は理解している

どんなに劣勢でも、試合に強い選手、結果を求める選手は諦めない。

よく「まくられる」選手がいますが、こういう選手は5-2くらいのスコアになると急に試合の終わりを意識する。

今までのプレーを変えて、相手に何かを期待するようなテニスになり、負けていく。

つまりは、相手に「早く試合を終わらせたい・・・」という心理を見透かされているのです。

絶対に諦めないで、相手を観察して自分の武器をそっと取り出す。

メンタルが弱い、気持ちが弱い選手って、要は準備不足なだけ。

準備上手な選手こそ、試合で強いのです。

 

3.「最後は気持ち」と、笑ってオンコートで言えるようになろう

本当に頑張って出し尽くす、それでも相手が上回っているときもあるでしょう。

格上選手相手にしたときには、最高のテニスをしても3-3、4-4と緊迫した試合が進む。

4-5とリードされて、もう後が無い・・・というときには、確かに「気持ち」と言う言葉も出て来る。

ですがこの気持ちって、実はもう本人は吹っ切れた状態。

「これだけやったんだから、後はもう運に任せるしかない」とういうような、ある種迷いが無い状態だと思います。

そうなった選手は、間違いなく強い。

迷いが無いから、少し笑顔も出る。

奇跡を呼ぶような時って、こんな瞬間だと思うんです。

 

レベルに関係なく、最高の自分を常に引き出す。

強い相手にも、万策を持って挑むような準備は、初心者のテニス選手にも出来るのです。

自分が性格的に緊張しやすい、落ち込みやすいと感じている人・・・がいたら、テニスで変えていきませんか?

高いお金を払ってセミナーに出るより、自己啓発本を買うよりも、自分のテニスを変えて人生も変える。

そんなアナタが、見たい。

そして最高の試合の中で、「最後は気持ちで勝った」と言える試合、ぜひ出来るようになって欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めた方が良い

    最近また「ゾーン」という言葉を、よく聞くようになりました。テレ…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理由について

    ゲームポイント、セットポイント、マッチポイント。ポイントと名前…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

    最近、改めて感じることがあります。アンケートやお問合せ、twi…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合の中で「ローボレーが深く打てるとき」は、テンポを上げて前に詰めていこ…
  4. テニス 部活

    その他

    テニスの試合で「自分自身の失敗を活かす」為に必要な、意識改革とは?
  5. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
PAGE TOP