テニス メンタル

メンタル

テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、スタートダッシュ大作戦

試合で勝ち上がっていけば、必ず対戦することになる上位選手。

県内でも名前が知られた選手との対戦は、やはり力が入りますよね。

良いパワーに変えていければ良いのですが、逆に「名前負け」してしまうような選手が多いのが、テニス界。

特に学生の皆さんは、出だしのスタートから相手に攻撃的に来られると、「やっぱりだめか・・・強い・・・」となる傾向に。

しっかりスタートダッシュで相手の出鼻をくじくように、作戦を立てておきましょう!

 

テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、スタートダッシュ大作戦

 


 

■「しっかり勝つ」為の準備をすること

まずは、自分と約束しましょう。

試合に勝つこと、最後までそれを目指すことを自分自身に約束することが、大事です。

この覚悟は、試合前に行うのではなく、数か月前から対戦をイメージして行っておくことが重要。

個人戦、団体戦でも、倒せなければならない相手の名前、顔は、イメージ付きますよね?

しっかり、どういうイメージで倒していくのかを確認しましょう。

漠然と思い浮かべるだけではなく、テニスノートにしっかり書き出しましょう。

 

■格上相手は、スタートが8割

試合開始直後、アナタがどんなプレーをするのかが、その試合の8割を決めると思っておいて下さい。

まずはミスを減らし、相手からミスを狙う。

自分からリスクの高い選択は避け、弱点が分かっていれば積極的に突いていきましょう。

そして、相手が少しひるんだら、アナタもネットに出たりして攻撃する姿勢を見せること。

この「スタートダッシュの基本」が、大作戦の大前提です。

最初の4ゲームに全集中力を持って臨み、出来れば3-1、悪くても2-2で終えればチャンスはあります。

相手が焦って、より攻撃的になってくれればテニスに隙が出来る。

横綱相撲を最初から許してしまうのだけは、避けましょう。

 

■「対戦するシード選手よりも、格上の相手」と、必ず練習機会を作っておく

特効薬になるか分かりませんが、このやり方は効果が期待できます。

対戦が想定される、名前負けしそうな相手よりも、さらに強い相手とどこかでテニスをする機会を設けておく。

試合が出来ると一番良いですが、一緒にラリーをした、練習したという事実だけでも充分。

そのときのほうがきっと、緊張するはずです。

そこで良いスタートダッシュが出来れば、本番もリラックスして出来るはず。

この経験自体が、本番の試合でアナタの背中を押してくれます。

「あの人ともしっかりラリー出来たんだから、きっと大丈夫!」と、どこかで感じながら自信を持って試合を出来るはずです。

 

「そんな強い人と、どうやってテニスするの?知り合うの?」と感じる方、多いはずです。

ぜひ、外の試合に出たり外の環境と接する機会、増やしていきましょう。

スクールに通っている方であればコーチに相談したり、試合会場で思い切って強豪校の選手に練習試合を申し込んでみる。

アナタが勇気を出して行動を興せば、世界は変わります。

きっと思ったよりすんなり、「良いよ!やろう!」となるんじゃないでしょうか。

私の経験上、そんな気がします。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  2. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  3. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  4. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人

    テニスの試合に強くなる人。どんな人か・・・は、色々なご意見があ…

  6. メンタル

    ミスを想定しておく、だから慌てない

    試合の現場で、慌てない。こういう人は、対戦していても、すごく…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  2. テニス クレーコート

    ストローク

    攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない
  3. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事
  4. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない
  5. テニス メンタル

    その他

    やるべき準備をしていれば、試合で遊ぶことが出来る
PAGE TOP