テニス ボレー

スマッシュ

スマッシュの決定力を上げるには、「溜めてからのコース変更」をできるようにしておくと試合で勝てる!

スマッシュは速さと華やかさがある。

シングルスでもダブルスでも、決まると一層、盛り上がっていきますよね。

試合に勝てる選手、結果を出している選手でスマッシュが極端に苦手な選手はまずいないでしょう。

それくらい大事なショット、ですがポイントは隠れたところにある。

スピード勝負だと・・・実は試合巧者にとっては、拾いやすいスマッシュになっているかも知れませんよ。

 

スマッシュの決定力を上げるには、「溜めてからのコース変更」をできるようにしておくと試合で勝てる!

 


 

■速いスマッシュ、大歓迎!

私が試合に出ていて、もしアナタと対戦していたとしましょう。

ロブでまずスマッシュの実力をチェックしますが、実はこのとき、「力勝負」してくる相手かどうかを見ている。

ロブを上げた後に自分は動いて、コースをあえてあけたりする。

そこにしっかり「溜めて」打って来る相手なら、アナタを試合巧者と認めて長い試合を覚悟します。

こちらの様子を全く意に介さず、とにかく力勝負に来るような相手は・・・正直、「勝った」と思います。

 

■力任せのスマッシュは、実にコースを読みやすい

速いスマッシュも、実は深い位置で打たせれば怖くない。

なぜなら、コースを読みやすいからです。

速いスマッシュは、打てるコースが限られている。

速いスピードを出したい相手は、とにかくスピードを出すことにしか意識がいっていない。

逆クロス方向、力が入りやすい方向、身体が開いていればクロス、しか打てないのです。

この法則を見抜いている相手に、速いだけのスマッシュなんて効きません。

 

■「溜め」が作れる選手は、本当に厄介!

その反対に、スマッシュで溜めが作れる選手は強い。

しっかりコースを隠して、ギリギリでクロス方向にも展開出来る。

この溜めを作るコツ、今回はみなさんに特別にお伝えします。

まずは、しっかり逆クロス方向へスマッシュを打てる態勢で入る、そしてクロスにも展開出来る準備をする。

難しいのはギリギリでクロス方向へのスマッシュに切り替えるときですが、この時はスライス回転にする。

スライス回転なら打点が少し低くてもOK、そして相手が走っている逆を突くので、速いスマッシュでなくてOK。

バウンド後に横に滑っていく意識で、しっかり振り切って回転をかけてみましょう。

コツは、しっかり溜めてボールを引き付ける、逆クロス方向へ打てるように、相手に背中を向けるくらいしっかり構えることです。

 

スマッシュも、相手に読まれたら反撃される。

この現実を、まずは受け止めましょう。

速いスマッシュ、だけでは試合に勝てない。

2メートル以上の身長と200km近い背筋力があれば別ですが・・・もっと自分の現実と向き合いましょう。

きっと上手いスマッシュ、がアナタを勝利に導いてくれます!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる

    テニスの試合において、スマッシュは色々な場面で求められる技術。…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

    スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。…

  5. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

特集記事

  1. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り
  3. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「今日の練習で良かったこと」を毎日一つテニスノートに記録していけば、それは自信に…
  5. テニス 雨

    メンタル

    上達し続けるテニス選手は、永遠の初心者
PAGE TOP