テニス メンタル

ボレー

試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。

テニスの試合では、ストロークとボレーの間のショット、つまりサービスライン付近でいかに安定感を出すかが、上のレベルで戦う上での大きなポイントに。

厳しいボールでも相手にチャンスを与えない、そんなハーフボレーのアイデアを探ってみましょう。

 

試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

 


 

1.グリップは厚く、面を下に向ける

ボレーと聞くとどうしてもラケット面を上に向けてしまいがちですが、ハーフボレーは異なります。

まず浮かせない為に、面を下向きにする。

その際には、ストロークでトップスピンをかけるような厚いグリップだと、抑え込みやすいのでお勧めです。

 

2.上半身ではなく、下半身の大きなスタンスでボールを運ぶ

上体が低く無ければ、まずハーフボレーは上手くいきません。

目線をしっかり、最低でもネットの高さくらいまでは落としましょう。

広いスタンスを意識すれば、自然に低い態勢になれますので、練習からしっかり低く入れるような意識が大切です。

 

3.ネットのどの高さを狙うか、が重要

ハーフボレーはフラット気味の回転になるので、ネットの50cm程度がベスト。

これより高いとアウト、低いとネットのリスクがありますね。

ラケット面でどういう当たりをすれば、ボールが良い角度で飛ぶのか。

普段の練習から、このハーフボレーの軌道には神経質になって下さい。

顔を残して、しっかり腕で押し出してあげるイメージを持ってフォロースルーを行いましょう。

 

4.普段から「ライジングショット」を意識すると、自然にハーフボレーは上手くなる!

ハーフボレーも一種のストロークと考えれば、ライジングショットに近い。

ですのでストロークの練習時から、ハーフボレーに繋がるライジングショットを磨いておくと上達が圧倒的に速いです。

ベースライン近くでもこのハーフバウンドのストロークが打てると、面を少し上向きに作ることでロブも打てますし便利です。

ライジングの打点、早い準備とラケットの振り出しを常に意識しましょう。

 

ハーフボレーは、特にバックハンドが難しい。

先ほども書いたコツとしては、とにかく速く「振り出す」こと。

ボールがバウンドする前に、ラケットが前に加速していないと打球の勢いに負けてしまいます。

普段の練習から、ライジングショットを磨きつつ、ネットから少し離れて意図的にこのハーフボレーを練習しましょう。

きっと試合の大事なポイントで、その力を発揮するときが来るはずです!

 

 

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. + POWER CUP について
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない

    足元のボレーが、弱い人。そういう人は、まずもってハーフボレーが…

  2. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  3. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策

    みなさんも、ネットプレーで足下のボール、苦労しますよね。基本…

  4. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中級者止まりです

    「当たり前」だと思っていること、意外とテニスでも多い。私は高校…

  5. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

    相手に、「やられた!」と思う瞬間。みなさんは、試合でどんな時に…

  6. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

特集記事

  1. 戦術

    嫌な流れ、をどう変えるのか?
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫
  4. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
  5. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要
PAGE TOP