テニス メンタル

ボレー

試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。

テニスの試合では、ストロークとボレーの間のショット、つまりサービスライン付近でいかに安定感を出すかが、上のレベルで戦う上での大きなポイントに。

厳しいボールでも相手にチャンスを与えない、そんなハーフボレーのアイデアを探ってみましょう。

 

試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

 


 

1.グリップは厚く、面を下に向ける

ボレーと聞くとどうしてもラケット面を上に向けてしまいがちですが、ハーフボレーは異なります。

まず浮かせない為に、面を下向きにする。

その際には、ストロークでトップスピンをかけるような厚いグリップだと、抑え込みやすいのでお勧めです。

 

2.上半身ではなく、下半身の大きなスタンスでボールを運ぶ

上体が低く無ければ、まずハーフボレーは上手くいきません。

目線をしっかり、最低でもネットの高さくらいまでは落としましょう。

広いスタンスを意識すれば、自然に低い態勢になれますので、練習からしっかり低く入れるような意識が大切です。

 

3.ネットのどの高さを狙うか、が重要

ハーフボレーはフラット気味の回転になるので、ネットの50cm程度がベスト。

これより高いとアウト、低いとネットのリスクがありますね。

ラケット面でどういう当たりをすれば、ボールが良い角度で飛ぶのか。

普段の練習から、このハーフボレーの軌道には神経質になって下さい。

顔を残して、しっかり腕で押し出してあげるイメージを持ってフォロースルーを行いましょう。

 

4.普段から「ライジングショット」を意識すると、自然にハーフボレーは上手くなる!

ハーフボレーも一種のストロークと考えれば、ライジングショットに近い。

ですのでストロークの練習時から、ハーフボレーに繋がるライジングショットを磨いておくと上達が圧倒的に速いです。

ベースライン近くでもこのハーフバウンドのストロークが打てると、面を少し上向きに作ることでロブも打てますし便利です。

ライジングの打点、早い準備とラケットの振り出しを常に意識しましょう。

 

ハーフボレーは、特にバックハンドが難しい。

先ほども書いたコツとしては、とにかく速く「振り出す」こと。

ボールがバウンドする前に、ラケットが前に加速していないと打球の勢いに負けてしまいます。

普段の練習から、ライジングショットを磨きつつ、ネットから少し離れて意図的にこのハーフボレーを練習しましょう。

きっと試合の大事なポイントで、その力を発揮するときが来るはずです!

 

 

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

  2. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、決めて待てる人

    ネットに出ると、テニスの試合は急にテンポが上がる。その中で、ボ…

  3. ボレー

    浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

    ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。試合に出てい…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう

    ダブルスの試合で、前衛のポジションにいるとき。私はなるべく、こ…

  5. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    甲子園での球数制限、について思うこと
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを…
  4. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう
PAGE TOP