ボレー

浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。

試合に出ていると、この必要性を感じませんか?

浮いたボレーは、前衛に捕まるとやられてしまう。

でも、浮かないボレーなら相手のミスも誘える。

ネットが怖い、だけどボレーを浮かせたくない・・・という方に、今回は打点でのヒントを一緒に考えてみましょう。

 

浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

 


 

1.なぜ、ボールは浮いてしまうのか?

要因は色々あるでしょうが、やはり大きいのはラケット面の作り方。

ボールの下を打つようなボレーであれば、当然山なりなボレーになります。

でも、こういうボレーが必要な場面もあるんですよ、実際。

ネットから遠い位置でのボレー、ファーストボレーを深く返すような時には、必要ですよね。

でも、例えばダブルスで4人共にネットに出て、ボレーボレーを打ち合うような場面ではどうでしょう?

浮かないボレーを打つ、しっかり抑えを効かせたボレーに仕上げておかないと、ビビって打てないんじゃないですか?

 

2.ボールに横回転、をかけてみよう

ボレーが浮いてしまうのは、ラケット面が上を向いているから。

つい、相手コートに安全に返球しようとすると、浮いてしまいますよね。

ここで勇気を持って、ボールに横回転をかけるという意識が大事。

ボールの横を触って、スライスをかける。

ラケットの先を、立てるか寝かせるかハッキリさせて、ボールをコントロールする意識が大事です。

基本的にボールの右側を触れば左に飛ぶし、左側を触れば右に飛ぶ。

この感覚を、しっかり練習から養っておきましょう。

 

3.スライス回転をかけるから、ネットしないで越えていく

「でも、低い弾道だとネットしそうで怖い・・・」と思う方も多いでしょう。

確かに、その怖さはあります。

でも、しっかり横回転をかけたボレーって、ネットしないんです。

なぜなら、失速しないで滞空時間が長い、低い弾道でも重力に負けない強さがあるんです。

だからしっかり回転をかけることが出来るし、試合でも自信を持って打てる。

回転をかけるから、ネットしないという感覚が大事です。

 

4.当てるだけ、ではなく少しだけ前に押す

少しだけ前に押し込むこと、でしっかり回転がかかります。

当てて返そう、とすると上手くいかない。

浮かないようにしようと意識し過ぎて、弱々しいボレーになっては反撃されます。

ラケット面を作って、前に押してスライスをかける。

余裕があれば、下半身も使って足を出す。

このあたり、普段の練習から意識するだけでだいぶ違いますよ。

 

浮かないボレーは、回転がかかっている。

上手い人と試合をすると、そんな感じじゃないですか?

真後ろを打つのではなく、ボールの横を捕らえて回転をかける。

アングルボレーにも応用出来るこの技術、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  2. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

    普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。…

  4. ボレー

    「駆け抜けポーチ」を、卒業しよう!

    ダブルスの試合で、勝ちたい!前衛でポーチボレーを決めたいなら…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーが上手い人は、ラケットワークが上手い?」その感覚は、捨てましょう!

    ボレーが上手い、流れるようなネットプレーが得意な人は、きっとラケットワ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
  2. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  3. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?
  4. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー
PAGE TOP