テニス 守備

ストローク

浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

ストロークラリーをしている中で、急に浅いボールが来た!

だけどバウンドも低いし打ち込むにはネットしそうな低いボール・・・そんなとき、アナタの手持ち武器は何がありますか?

ぜひその中に、「サイドスライス」でのアプローチショットを加えてみて下さい。

面白いように、相手をコートから追い出すことができます。

女性にも特にお勧めしたいこのショット、ぜひこの機会に練習して覚えて下さい。

 

浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

 

■低い打点のアプローチは、無理に強打していく必要は無い

浅い=チャンス、と考えて、強引に攻撃していく人がいます。

成功することもあるでしょうが、低いボールを速く打つのは非常にリスクが高く、特に負けているポイントではやり辛いところ。

そこでお勧めなのはスライスですが、これもラケットを完全にボールの下に入ってしまい、返球が浮いてしまう可能性があります。

必要なのは、新しい一手。

スライスを一工夫した、「サイドスライス」を使えればリスクを少なく、相手を攻撃していけるのです。

 

■サイドスライスは、決して難しい技術では無い!

ラケットヘッドを落として、ボールの横を切っていくスライスは難しくありません。

試に、自分で球出しをしたボールを打ってみて下さい。

ボールの内側、つまり自分の身体に近い側をこすって打てば、相手コートにバウンドしてからは外に逃げていく軌道になります。

切り過ぎてしまうとドロップショットになってしまうので、厚めの当たりのスライスを意識しましょう。

 

■リターンやドロップショットにも応用できて便利

このショットを身に付ければ、浅いショートクロスでしかも相手をコートから追い出す、そんな魔法のショットになります。

普段のショートラリーから、このサイドスライスを積極的に取り入れて打つようにしてみましょう。

そうすれば、打たれたときのバウンドにも慣れることができます。

大事なのは、個人としてはもちろん、チームとして習得に取り組むとより効果的でしょう。

身に付ければリターンやドロップショットにも応用でき、雁行陣の前のスペースを攻撃していくのに最適です!

 

テニスの試合でポイントを左右するのは、こういう細かい技術です。

ネット際の攻防、深いラリーから浅いラリーへの変化、これにいかに順応できるかが、特に学生の皆さんには大切な要素になります。

パワーだけのテニスだけは、限界があります。

パワーに自信があるのなら、なおさらその力を活かせるように、こうった小技を磨いていきましょう!

女性にも本当にお勧めの技術です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、「打ったらラケットを身体に引き寄せる」くらいで良い

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。…

  2. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?

    みんな当たり前のように理解出来ていそうで、実は怪しい部分。スト…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識していこう!

    全米オープンも佳境に入り、錦織選手の活躍も光ってますね。改めて…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  3. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
  4. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
PAGE TOP