テニス 守備

ストローク

浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

ストロークラリーをしている中で、急に浅いボールが来た!

だけどバウンドも低いし打ち込むにはネットしそうな低いボール・・・そんなとき、アナタの手持ち武器は何がありますか?

ぜひその中に、「サイドスライス」でのアプローチショットを加えてみて下さい。

面白いように、相手をコートから追い出すことができます。

女性にも特にお勧めしたいこのショット、ぜひこの機会に練習して覚えて下さい。

 

浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

 

■低い打点のアプローチは、無理に強打していく必要は無い

浅い=チャンス、と考えて、強引に攻撃していく人がいます。

成功することもあるでしょうが、低いボールを速く打つのは非常にリスクが高く、特に負けているポイントではやり辛いところ。

そこでお勧めなのはスライスですが、これもラケットを完全にボールの下に入ってしまい、返球が浮いてしまう可能性があります。

必要なのは、新しい一手。

スライスを一工夫した、「サイドスライス」を使えればリスクを少なく、相手を攻撃していけるのです。

 

■サイドスライスは、決して難しい技術では無い!

ラケットヘッドを落として、ボールの横を切っていくスライスは難しくありません。

試に、自分で球出しをしたボールを打ってみて下さい。

ボールの内側、つまり自分の身体に近い側をこすって打てば、相手コートにバウンドしてからは外に逃げていく軌道になります。

切り過ぎてしまうとドロップショットになってしまうので、厚めの当たりのスライスを意識しましょう。

 

■リターンやドロップショットにも応用できて便利

このショットを身に付ければ、浅いショートクロスでしかも相手をコートから追い出す、そんな魔法のショットになります。

普段のショートラリーから、このサイドスライスを積極的に取り入れて打つようにしてみましょう。

そうすれば、打たれたときのバウンドにも慣れることができます。

大事なのは、個人としてはもちろん、チームとして習得に取り組むとより効果的でしょう。

身に付ければリターンやドロップショットにも応用でき、雁行陣の前のスペースを攻撃していくのに最適です!

 

テニスの試合でポイントを左右するのは、こういう細かい技術です。

ネット際の攻防、深いラリーから浅いラリーへの変化、これにいかに順応できるかが、特に学生の皆さんには大切な要素になります。

パワーだけのテニスだけは、限界があります。

パワーに自信があるのなら、なおさらその力を活かせるように、こうった小技を磨いていきましょう!

女性にも本当にお勧めの技術です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット

    テニスの試合、練習、ついフィニッシュとなる花形のショットばかり意識して…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう

    テニスの試合、やっぱり勝負を分けるのは「フォアハンドの威力」。…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な理由

    テニスの試合で、ストロークが強い相手に押されて後ろに下がってしまい・・…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  5. テニス ストローク
  6. テニス フットワーク

    ストローク

    なぜフォアハンドの回り込みが有効か、と考えると「打てるコースの拡がり」が見えてくる

    テニスの試合で回り込みのフォアハンド、上手く使えていますか?こ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
  3. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  4. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う
PAGE TOP