テニス 守備

ストローク

浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

ストロークラリーをしている中で、急に浅いボールが来た!

だけどバウンドも低いし打ち込むにはネットしそうな低いボール・・・そんなとき、アナタの手持ち武器は何がありますか?

ぜひその中に、「サイドスライス」でのアプローチショットを加えてみて下さい。

面白いように、相手をコートから追い出すことができます。

女性にも特にお勧めしたいこのショット、ぜひこの機会に練習して覚えて下さい。

 

浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!

 


 

■低い打点のアプローチは、無理に強打していく必要は無い

浅い=チャンス、と考えて、強引に攻撃していく人がいます。

成功することもあるでしょうが、低いボールを速く打つのは非常にリスクが高く、特に負けているポイントではやり辛いところ。

そこでお勧めなのはスライスですが、これもラケットを完全にボールの下に入ってしまい、返球が浮いてしまう可能性があります。

必要なのは、新しい一手。

スライスを一工夫した、「サイドスライス」を使えればリスクを少なく、相手を攻撃していけるのです。

 

■サイドスライスは、決して難しい技術では無い!

ラケットヘッドを落として、ボールの横を切っていくスライスは難しくありません。

試に、自分で球出しをしたボールを打ってみて下さい。

ボールの内側、つまり自分の身体に近い側をこすって打てば、相手コートにバウンドしてからは外に逃げていく軌道になります。

切り過ぎてしまうとドロップショットになってしまうので、厚めの当たりのスライスを意識しましょう。

 

■リターンやドロップショットにも応用できて便利

このショットを身に付ければ、浅いショートクロスでしかも相手をコートから追い出す、そんな魔法のショットになります。

普段のショートラリーから、このサイドスライスを積極的に取り入れて打つようにしてみましょう。

そうすれば、打たれたときのバウンドにも慣れることができます。

大事なのは、個人としてはもちろん、チームとして習得に取り組むとより効果的でしょう。

身に付ければリターンやドロップショットにも応用でき、雁行陣の前のスペースを攻撃していくのに最適です!

 

テニスの試合でポイントを左右するのは、こういう細かい技術です。

ネット際の攻防、深いラリーから浅いラリーへの変化、これにいかに順応できるかが、特に学生の皆さんには大切な要素になります。

パワーだけのテニスだけは、限界があります。

パワーに自信があるのなら、なおさらその力を活かせるように、こうった小技を磨いていきましょう!

女性にも本当にお勧めの技術です。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  4. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  3. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント
  4. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事
  5. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
PAGE TOP