ダブルス

ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。

相手のバックハンドにサーブを入れて、それを前衛が仕留める。

文章で書くと簡単ですが、しっかりと狙いどころを絞っておかないと、上手くいきません。

前衛がバックボレーでポーチなら、強打も難しいですからね。

上手く、相手の前のスペースを使って攻めていきましょう。

 

ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

 


 

1.バックボレーでポーチ、難しい!

なかなか、試合では簡単ではないですよね。

バックボレーでポーチ、強打は難しいですから。

ダブルスなら、ポーチで決めたい!そのためには相手の穴、を狙うにつきます。

当然、リターンの前のスペースは空いている。

ここにサーブが入ってからラリーが始まるので、相手の前衛もこのサービスエリアにはサーブを打つ前に立ち入ることは出来ない。

これは、使わない手は無いですよね。

 

2.流れを確認してみましょう

流れは、簡単です。

技術はさておき、やることはすごくシンプルだと思って下さい。

まず、しっかりサーバーと前衛は打ち合わせをして、バックハンド側でリターンさせることを確認しておく。

前衛の選手も、少し弱めのリターンが来る、ことを想定しておく。

良いサーブが入る、その前からポーチのコースをイメージします。

相手の前衛の位置も確認して、前に落とした時にカバーに走って来そうか、確認します。

これくらいなら、狙い目です。

思い切ってセンターを越えて、ネットに詰めればドロップボレーは難しくありません。

センターを越えるので、サーバーの選手とチェンジ!

結果的に決まればOK、もし拾われてもバックハンドですから相手は難しいはず。

これくらい、思い切って動くと、前衛のボレーは決まりやすいです。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

 

3.技術よりも、決断力

一見難しそうな感じ、ですがそうでもありません。

当たり損ないでも、ネットに詰めていれば相手コートに入る。

前衛は、ストレートを捨てて、任せてしっかり詰めましょう。

相手のバックハンドリターンは、強打するよりもコースを突いて攻めたいですね。

こちらも、バックボレーでのポーチですからね。

技術よりも決断力、がキーワードです。



4.お勧めの練習法

前に落とす、というボレーは、普段の練習から入れていきましょう。

ボレー対ストローク、のラリー中でボレー側が前に落とす、ドロップボレーを打つ。

これを、ストローク側も必死で追う。

「何だよ!そんなの打つなよ!」というのは、無しで。

特にバックボレーでドロップボレー、は打てないと試合で苦しくなります。

どうしても、自分がバックボレーの時に動けなくなりますからね。

普段のラリー練習の中から、前に落とす練習をしておくこと。

これは、絶対に必要です!

 

もし、サーブが相手のバックハンドに入らなかったとしても。

決めていることですから、前衛は動いていきましょう。

相手が打ってから動いては、クロスのボールはなかなか触れない。

動画でも、少し動き出しが遅いくらいです。

もっともっと、大胆に先に動くイメージで、みなさんは練習していきましょう!

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    テニスの試合に強いダブルスペアは、「勝利の為ならプライドを捨てる」勇気がある

    テニスの試合、第1シードが圧倒的な強さを見せて勝ち上がる。そん…

  2. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  3. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  5. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

  6. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?

    ダブルスの試合で、「勝てないんです…」と悩んでいるペアの方から相談を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボールをコントロールして、「相手を前後に動かす」為の練習メニュー
  3. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する
  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る
PAGE TOP