ダブルス

ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

目次

今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。

相手のバックハンドにサーブを入れて、それを前衛が仕留める。

文章で書くと簡単ですが、しっかりと狙いどころを絞っておかないと、上手くいきません。

前衛がバックボレーでポーチなら、強打も難しいですからね。

上手く、相手の前のスペースを使って攻めていきましょう。

 

ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

 


 

1.バックボレーでポーチ、難しい!

なかなか、試合では簡単ではないですよね。

バックボレーでポーチ、強打は難しいですから。

ダブルスなら、ポーチで決めたい!そのためには相手の穴、を狙うにつきます。

当然、リターンの前のスペースは空いている。

ここにサーブが入ってからラリーが始まるので、相手の前衛もこのサービスエリアにはサーブを打つ前に立ち入ることは出来ない。

これは、使わない手は無いですよね。

 

2.流れを確認してみましょう

流れは、簡単です。

技術はさておき、やることはすごくシンプルだと思って下さい。

まず、しっかりサーバーと前衛は打ち合わせをして、バックハンド側でリターンさせることを確認しておく。

前衛の選手も、少し弱めのリターンが来る、ことを想定しておく。

良いサーブが入る、その前からポーチのコースをイメージします。

相手の前衛の位置も確認して、前に落とした時にカバーに走って来そうか、確認します。

これくらいなら、狙い目です。

思い切ってセンターを越えて、ネットに詰めればドロップボレーは難しくありません。

センターを越えるので、サーバーの選手とチェンジ!

結果的に決まればOK、もし拾われてもバックハンドですから相手は難しいはず。

これくらい、思い切って動くと、前衛のボレーは決まりやすいです。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

 

3.技術よりも、決断力

一見難しそうな感じ、ですがそうでもありません。

当たり損ないでも、ネットに詰めていれば相手コートに入る。

前衛は、ストレートを捨てて、任せてしっかり詰めましょう。

相手のバックハンドリターンは、強打するよりもコースを突いて攻めたいですね。

こちらも、バックボレーでのポーチですからね。

技術よりも決断力、がキーワードです。



4.お勧めの練習法

前に落とす、というボレーは、普段の練習から入れていきましょう。

ボレー対ストローク、のラリー中でボレー側が前に落とす、ドロップボレーを打つ。

これを、ストローク側も必死で追う。

「何だよ!そんなの打つなよ!」というのは、無しで。

特にバックボレーでドロップボレー、は打てないと試合で苦しくなります。

どうしても、自分がバックボレーの時に動けなくなりますからね。

普段のラリー練習の中から、前に落とす練習をしておくこと。

これは、絶対に必要です!

 

もし、サーブが相手のバックハンドに入らなかったとしても。

決めていることですから、前衛は動いていきましょう。

相手が打ってから動いては、クロスのボールはなかなか触れない。

動画でも、少し動き出しが遅いくらいです。

もっともっと、大胆に先に動くイメージで、みなさんは練習していきましょう!

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニス関連の記事は note へ
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

    「前衛は、ポーチに出ないといけない!」と、焦ってしまう。確かに…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

    これは、私自身の話、ではありません。過去に、全日本で何度も優勝…

  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう

    ダブルスの試合で、ちょっとしたことだけど大事なこと。その一つは…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント

    ダブルスの試合に強いペア、はあるタイミングですぐに分かる。頭上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  2. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識
  4. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎて…
PAGE TOP