テニス ボレー

ストローク

鋭いスライスって、どうやって打つ?

鋭いスライスが、武器の選手。

これは、ベテランやシニアのプレイヤーのみなさんなら、ピンと来るはず。

ほぼフラットのような鋭い当たりで、スライスで攻めて来るような相手は、実際草トーでも多い。

どうやって打つのか、みなさんもきっとコツさえ掴めば難しくないはずです。

 

鋭いスライスって、どうやって打つ?

 


 

1.意識したいのは、フォロースルー

ラケットでボールを当てて、そこからどうするのか。

ここで、意識したいフォロースルーは、「短め」ということ。

鋭いボレーを打ちたいなら、前に押し出す感じではありません。

パン!と弾いて、終わる感じ。

フォロースルーは、短くても良い、インパクトに集中することが大事です。

短く、ただしその一瞬はしっかりラケットを握って上から下にボールを押さえる。

この感覚、をしっかり養っていきましょう。

 

2.発射角度は、地面と並行に

正直、テニスってネットするのが怖いじゃないですか。

この恐怖心があると、どうしても軌道を上に持ち上げたくなります。

スライスも、そうです。

でも、これをやってしまうと、鋭さは出ない。

イメージしたい軌道は、地面とほぼ並行。

このままいくとネットスレスレ・・・くらいな感じで、ちょうど良いんです。

打点が低くても、ネットの白い部分を狙う感じ。

上に打ち上げたい気持ちを、グッとこらえましょう。

短いフォロースルーで、弾き出す。

その軌道を、しっかり自分の中で意識することが大事です。

 

3.ボールの下は打たない、後ろを打つ

2.を実行する為には、ボールのどこを打つのかが大事。

ほとんどの人が、ボールの下をこするようなスライス、になってしまうから鋭さが出ない。

ボールの下を打っているうちは、スライスで攻撃は出来ません。

ボールの後ろを打って、押し出していく。

そのために、どういうグリップなら良いのか。

これを真剣に考えていくことが大事、です。

下にラケットを入れてしまうのは、アナタ自身の恐怖心の問題です。

 



 

4.「スライスを武器にする」という意志を持とう

みなさんが、これから戦っていくうえで大事な武器になるショット。

それは、間違いなくスライスです。

粘りのショット?それは、粘りにも使えるというだけ、です。

良いスライス、鋭いスライスを打てば、相手は脅威ですよ。

バウンドしないで低く滑るスライス、これを生み出すフォロースルー、ラケットワークを一緒に練習していきましょう。

軌道のイメージさえ身に付ければ、あとはそれに近付けるように練習していくのみ、です。

 

5.お勧めの練習法

まず、フラットの打ち方、から入りましょう。

最初からスライス、ではなく最初はフラット気味にラケットでボールを打ってみる。

それを、徐々にスライスに変えていくように、ラリーしてみて下さい。

ボールの後ろを捕らえて、短いフォロースルーで打つスライスは、ほぼフラットに近い感じなんですよね。

普段のストロークラリーの中で、スピンだけでなくフラットも打ってみる。

そこから、スライスに調整していけると良いでしょう!

 

軌道を低く、最初はネットしてもOK。

山なりなスライス、をどこかで脱却する強い意志を持ちましょう。

フラット気味の当たりから入ると、鋭いスライスは身に付きやすいです。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い

    現実的に、試合の中で相手を観てみる。そうすると、実はストローク…

  2. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  3. ストローク

    フォアハンドのコントロールアップ、を目指す方へ

    試合になると、なかなか思い通りにならないショット。フォアハン…

  4. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?

    テニスの試合は、テンポの変化が激しい。なぜならワンバウンド、ノ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術…

    ベースラインから下がり過ぎないことの重要性は、何度か書かせて頂きました…

特集記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  2. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
  3. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について
  5. テニス知識

    40歳からポリストリングにする、という選択肢を
PAGE TOP