テニス テイクバック

ストローク

エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

ストロークのラリーの中で、返球し辛いボールってどんな球種でしょう?

やはり、高く弾んで肩口くらいの高さで打たされるボールじゃないですかね。

このボール、どうやれば打てるのか?

激しい回転量が必要?

確かにそれもありますが、もっと大事なポイントがあります。

それは、相手との駆け引きの視点で見えて来るのです。

 

エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

 


 

1.相手の肩の高さ、で打たせよう

何せ、力が入りませんよね。

肩より高い高さで、ストロークを打つのは本当に厳しい。

特に、ベテランやシニアのみなさんにとっては、泣き所だと思います。

バックハンド、でもそうですよね。

相手からチャンスを引き出すには、このボールが試合で有効。

でも、どうすれば打てるのか。

激しいスピン、を使えなくても、ちょっとした視点で絶対に、打てるようになります。

 

2.軌道の高さ、ともう一つは・・・?

必要なのは、まずストロークの軌道の高さですね。

高い軌道のストロークは、それだけでバウンドも高くなる。

高い軌道、でまずはストロークを打つ。

それからもう一つ、大事な要素があります。

それは、「どこでバウンドさせるのか?」というポイント。

「そんなの、深ければ良いんじゃない?」と思いますか?

それは、実は違う。

なぜなら、深いショットは下がって処理されたり、ライジングショットで処理されてしまう可能性もあるから。

深いボールの処理って、相手は意外と慣れてるんですよ。

必ずしも、有効な攻撃になるとは限らない。

私だったら、あえて深すぎない場所、にバウンドさせていく作戦を取ります。

結果的に、これが良い感じで相手の肩口の高さ、になるんです。

 

3.狙いは、ベースラインとサービスラインの真ん中

ここに、高い軌道でバウンドさせる。

スピン回転をかけますが、グリグリにかける必要はありません。

高い軌道、ロブ気味のボールで良い。

相手からすると、そんなに深くは無いので下がる必要も無いと感じる。

でも、結果的に高いバウンドになって、処理し辛いんですよね、こういうショット。

それに、この作戦の良いところは、多少浅くなったり深くなっても、アウトにならないというところ。

ベースラインを狙うより、ミスが減りますからね。

ぜひ、試合で使ってみて下さい。

 

4.少し浅めの場所に、ムーンボールで良い

まとめますと、こんな感じです。

高い軌道のボールを、少し浅い場所にバウンドさせる。

これが出来れば、ストローク戦で確実に優位に立てます。

ムーンボールを使うのって、結構勇気要りますけどね。

でも、これを相手のバックハンド側に打ってみて下さいよ。

きっと、慌ててくれて、面白いようにポイントが取れますよ。

深いボールだけが有効、だと思うとテニスの試合は勝てない。

これだけは、覚えておいて下さい。

 

オムニコートでも、しっかりスピン回転で高い軌道のボール、で打ってみる。

それだけで、かなり試合を優位に運べるはずです。

でも、同時にこれを相手から打たれた時の対策、も必要ですね。

また記事でも書きたいと思いますが、まずは自分で考えてみて下さい。

バックハンド、に打たれたら・・・アナタならどうしますか?

その答えに、攻撃のヒントもあるはずです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ラケット
  2. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

    スピンストローク、攻撃に最適!なのはもちろんですが、実は守備に…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

  4. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

    高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。グランドス…

  5. ストローク

    ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう

    ほとんどの人が、実は気付いていない部分。ストロークを打ちながら…

  6. ストローク

    バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?

    特に、女性のみなさんで悩んでいる方が多いと思います。バックハン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  2. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こ…
  3. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?
PAGE TOP