テニス テイクバック

ストローク

エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

ストロークのラリーの中で、返球し辛いボールってどんな球種でしょう?

やはり、高く弾んで肩口くらいの高さで打たされるボールじゃないですかね。

このボール、どうやれば打てるのか?

激しい回転量が必要?

確かにそれもありますが、もっと大事なポイントがあります。

それは、相手との駆け引きの視点で見えて来るのです。

 

エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

 


 

1.相手の肩の高さ、で打たせよう

何せ、力が入りませんよね。

肩より高い高さで、ストロークを打つのは本当に厳しい。

特に、ベテランやシニアのみなさんにとっては、泣き所だと思います。

バックハンド、でもそうですよね。

相手からチャンスを引き出すには、このボールが試合で有効。

でも、どうすれば打てるのか。

激しいスピン、を使えなくても、ちょっとした視点で絶対に、打てるようになります。

 

2.軌道の高さ、ともう一つは・・・?

必要なのは、まずストロークの軌道の高さですね。

高い軌道のストロークは、それだけでバウンドも高くなる。

高い軌道、でまずはストロークを打つ。

それからもう一つ、大事な要素があります。

それは、「どこでバウンドさせるのか?」というポイント。

「そんなの、深ければ良いんじゃない?」と思いますか?

それは、実は違う。

なぜなら、深いショットは下がって処理されたり、ライジングショットで処理されてしまう可能性もあるから。

深いボールの処理って、相手は意外と慣れてるんですよ。

必ずしも、有効な攻撃になるとは限らない。

私だったら、あえて深すぎない場所、にバウンドさせていく作戦を取ります。

結果的に、これが良い感じで相手の肩口の高さ、になるんです。

 

3.狙いは、ベースラインとサービスラインの真ん中

ここに、高い軌道でバウンドさせる。

スピン回転をかけますが、グリグリにかける必要はありません。

高い軌道、ロブ気味のボールで良い。

相手からすると、そんなに深くは無いので下がる必要も無いと感じる。

でも、結果的に高いバウンドになって、処理し辛いんですよね、こういうショット。

それに、この作戦の良いところは、多少浅くなったり深くなっても、アウトにならないというところ。

ベースラインを狙うより、ミスが減りますからね。

ぜひ、試合で使ってみて下さい。

 

4.少し浅めの場所に、ムーンボールで良い

まとめますと、こんな感じです。

高い軌道のボールを、少し浅い場所にバウンドさせる。

これが出来れば、ストローク戦で確実に優位に立てます。

ムーンボールを使うのって、結構勇気要りますけどね。

でも、これを相手のバックハンド側に打ってみて下さいよ。

きっと、慌ててくれて、面白いようにポイントが取れますよ。

深いボールだけが有効、だと思うとテニスの試合は勝てない。

これだけは、覚えておいて下さい。

 

オムニコートでも、しっかりスピン回転で高い軌道のボール、で打ってみる。

それだけで、かなり試合を優位に運べるはずです。

でも、同時にこれを相手から打たれた時の対策、も必要ですね。

また記事でも書きたいと思いますが、まずは自分で考えてみて下さい。

バックハンド、に打たれたら・・・アナタならどうしますか?

その答えに、攻撃のヒントもあるはずです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか…

  2. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  3. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?

    「深く打て!!」ショットを打つ時にはよく言われる言葉だ。…

  4. ストローク

    「ボールを飛ばす力」テニスの基本パワーは下半身から

    ストロークを飛ばす動力は・・・足である。足でボールを飛ばすのだ…

  5. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
  3. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
  5. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る
PAGE TOP