テニス フットワーク

ロブ

低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。

これは、試合に出ている人なら、痛感することじゃないでしょうか?

それは、きっとスライスロブを腰が引けた状態で打っているから。

今回のキーワード、よく覚えておいて下さい。

シングルスでもダブルスでも、これが現代テニスのスタンダード、です。

 

低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

 


 

1.「速く」「低く」「クロス」に

このキーワード、3つ。

試合で、しっかりと意識して打てば大丈夫。

高く、緩いロブ、で勝てる相手もいます。

でも、それは基本的にスマッシュをミスしてくれる、上に弱い相手。

上にも強く、ネットプレーが上手い相手も、アナタ自身は試合で倒していかないといけない。

そう考えると、ロブに対しての意識改革、必要です。

 

2.低く、速く、だけじゃ足りない

ロブを試合で使うなら、低く、速く。

これは何度も書いて来ました。

でも、今回はもう一つ、クロス方向へという要素を加えたい。

シングルスの試合なら、結構使う方も多いと思います。

でもこれ、実はダブルスでもすごく使える。

並行陣相手でも、クロスにロブを打つという意識があると、相手は嫌なんですよ。

なぜなら、ダブルスならではの要素、があるからです。

 

3.ストレートロブ、のカバーが第一になっているから

並行陣の後衛、これが結構大きな仕事、ですから。

前衛の後ろ、ストレートロブを警戒するのが、並行陣の後衛。

だから、自分の後ろって意識が希薄になるんです。

まさか、クロスにロブが来ると思っていない。

ストレートロブ、を守る意識は強く持っていても、クロスロブって対応し辛い。

当然、並行陣の後衛ですから少し後ろ目、にポジションを取っていますから、抜けることは難しいですが、触らせるクロスロブで充分。

クロスですから、長めに打ってもインになる。

ぜひ、試合で使って欲しいショットなんです。

 

4.回転をかけて、振り切ることが大事

スピン回転、で振り切ってクロスに打つ。

そうすれば、低い軌道でも入る、のがテニスの試合。

この勇気、が試合では大事なんです。

回転をかける時に、出来るだけ自分は良い態勢で、前足体重。

アウトになっても良い、くらいの感覚で打つと、そのボールは入ります。

怖いのが、当てにいって、浅くなること。

速く、低く、深くクロスへ。

このロブが打てれば、確実に勝てる試合は増えるでしょう。

 

攻撃していくバリエーション、はどんどん増やしていかないと。

ダブルスで狙うコース、オーソドックスなエリアだけだと、相手も守りやすい。

あえて、クロスに。

特に強気に前に詰めて来るような相手、であれば絶対に必要なロブ、です。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

  2. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

    試合の中で、相手からロブを打たれる。この時の反応で、実は強い相…

  3. ロブ

    踏み込んで来る相手の、上を狙おう

    男子ダブルスの試合でよくある、すごく前に詰めて来るペア。これ…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  5. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?

    ダブルスの試合で、ロブを上げる。この時に、普通は後衛は前衛に「…

  6. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう
  2. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ
  3. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく
  4. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ
  5. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策
PAGE TOP