テニス ボレー

ロブ

試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。

相手スマッシュが怖い、と思っている方が多いように思います。

この打開策は、ロブという技術の発想自体を変えること。

これに尽きると思いますよ。

 

試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

 

1.ロブは「攻撃的に相手を動かすショット」です

皆さん、ロブってどういうイメージですか?

相手の厳しいボールをしのぐ、守備的なショット・・・みたいな感じ、じゃないでしょうか?

こういうイメージの人は、ロブは「自分が苦しい時に使うショット」という先入観が根付いている。

だから、いつまで経っても「スマッシュの恐怖」に怯えながら打つことから、逃れられない。

相手を動かす、攻撃的なショットな訳ですから、打つタイミングはアナタが「態勢充分」な状態じゃないと。

この発想が無いと、ロブはいつまで経っても上達しないし、相手の脅威には成り得ないですよ。

 

2.ロブでポイントを獲るイメージは、成功体験を積むしかない

でも、最初はそれでもスマッシュ打たれると思います。

ダブルスなら、ペアに謝ってばかり・・・なときも、あるでしょう。

これは経験として必要なステップ。

態勢充分で打って、相手を下げるロブをとにかく試合の中で磨いていく。

練習だけだと、絶対に試合で上達しないんですよね。

ロブのようなコントロールショットは、試合の緊張感の中でいかに打てるか?が大事になる。

とにかく試合で使いまくって、ロブでポイントを獲るイメージを高めていく。

この覚悟は、アナタ自身必要なんです。

 

3.キーワードは、「序盤・初球・浅いボール」

ロブを打つタイミング、に必要な要素。

それは、非常にシンプルです。

試合の序盤、リターンのような初球、それから相手のボールが浅い時。

こういう場面、で皆さんはロブを使えると非常に有効です。

序盤ならプレッシャーも少ないし、初球なら自分で決断して入れる。

浅いボールならコントロールしやすいし、攻撃しやすい。

逆に試合の後半でラリーの中で、それも深いボールで上げるロブなんて・・・そりゃスマッシュ打たれますよ。

 

とにかく、試すならガンガン、いきましょう。

自分のロブを変えていく、試合仕様にしていくには必要なステップです。

アナタが思っている以上に、「普通の状態」からロブを打つ発想って無いはず。

ダブルスの試合、実はこの発想が大事なんです。

イメージが湧いたら、即試合で使ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない

    深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?…

  2. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?

    よく、ダブルスの試合でこんなペア見かけませんか?ロブは上手くて…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

    相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。試…

  5. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう

    ロブでの攻撃、ダブルスの試合では必須。女子ダブルスだけじゃない…

  6. ロブ

    スライスロブ、と見せかけて…

    試合でも使えるし、相手を揺さぶる良いショットになるのがロブ。…

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ま…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ
  3. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
  4. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている
  5. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう
PAGE TOP