テニス ボレー

ロブ

試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。

相手スマッシュが怖い、と思っている方が多いように思います。

この打開策は、ロブという技術の発想自体を変えること。

これに尽きると思いますよ。

 

試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

 

1.ロブは「攻撃的に相手を動かすショット」です

皆さん、ロブってどういうイメージですか?

相手の厳しいボールをしのぐ、守備的なショット・・・みたいな感じ、じゃないでしょうか?

こういうイメージの人は、ロブは「自分が苦しい時に使うショット」という先入観が根付いている。

だから、いつまで経っても「スマッシュの恐怖」に怯えながら打つことから、逃れられない。

相手を動かす、攻撃的なショットな訳ですから、打つタイミングはアナタが「態勢充分」な状態じゃないと。

この発想が無いと、ロブはいつまで経っても上達しないし、相手の脅威には成り得ないですよ。

 

2.ロブでポイントを獲るイメージは、成功体験を積むしかない

でも、最初はそれでもスマッシュ打たれると思います。

ダブルスなら、ペアに謝ってばかり・・・なときも、あるでしょう。

これは経験として必要なステップ。

態勢充分で打って、相手を下げるロブをとにかく試合の中で磨いていく。

練習だけだと、絶対に試合で上達しないんですよね。

ロブのようなコントロールショットは、試合の緊張感の中でいかに打てるか?が大事になる。

とにかく試合で使いまくって、ロブでポイントを獲るイメージを高めていく。

この覚悟は、アナタ自身必要なんです。

 

3.キーワードは、「序盤・初球・浅いボール」

ロブを打つタイミング、に必要な要素。

それは、非常にシンプルです。

試合の序盤、リターンのような初球、それから相手のボールが浅い時。

こういう場面、で皆さんはロブを使えると非常に有効です。

序盤ならプレッシャーも少ないし、初球なら自分で決断して入れる。

浅いボールならコントロールしやすいし、攻撃しやすい。

逆に試合の後半でラリーの中で、それも深いボールで上げるロブなんて・・・そりゃスマッシュ打たれますよ。

 

とにかく、試すならガンガン、いきましょう。

自分のロブを変えていく、試合仕様にしていくには必要なステップです。

アナタが思っている以上に、「普通の状態」からロブを打つ発想って無いはず。

ダブルスの試合、実はこの発想が大事なんです。

イメージが湧いたら、即試合で使ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

    ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。まず、…

  2. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

    ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。それは、…

  3. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポイン…

  4. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

    女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。それは間違いなく、ロ…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?
  3. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる
  4. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
  5. ストローク

    当たり損ないは、減らせる
PAGE TOP