テニス ロブ

ストローク

アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?

きっと、少ないはず。

シングルスの試合では、相手が前に出て来ないとなかなか使えないですよね。

だからこそ、意識が薄くなるし本当に効果的なロブ、について考える機会が少ない。

たまに打つだけだと、試合で効果的なロブ、は難しいのです。

 

アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

 

1.ほとんどのロブは、軌道を高くアウトしていく

ダブルスの試合でもそうですが、ロブを打ち慣れていない人は軌道が高い。

そしてすぐにアウトする。

原因は簡単です。

打ち方が、ストロークと「違い過ぎている」から。

軌道もストロークと違う感じになり過ぎているから、試合向きじゃない。

「触らせないぞ・・・」という意識が強すぎても、アウトしてしまうと意味が無い。

結果的に相手のプレッシャーに負けた、というポイントになってしまうでしょう。

 

2.軌道が低いロブは、なぜ効果的なのか?

まず、ストロークに近い軌道で打てればミスが減る。

少し高い軌道、深く打つくらいのストロークでそのままロブ、として使って良い。

ロブを特別なショット、にしなくて良いんですね。

そして、低いロブは抜けてから相手が追いかけるのが難しい。

ナチュラルなスピンがかかっていれば、バウンドさせても後ろ方向に伸びていくので試合で効果的に相手を追い込める。

この部分、高い軌道のロブには無い良さ、があると私は思います。

 

3.低いロブの恐怖に、相手は試合中ずっとさいなまれることに・・・

相手からすると、「この選手のロブは低いし、抜けたらもう終えない・・・」と思うようになる。

そうなると、ポジションを下げてくれるしハイボレーも無理に触ってくれるようになる。

沈めるボールも効果的になるし、きっとネットに出てくること自体、「止めておこうかな・・・」と思うようになるはず。

ロブを効果的に使えれば、相手の勢いを折れる。

逃げるだけに使う、なんてもったいない。

それくらいロブは、ガンガン使って良い技術なんです。

 

低めのロブに自信があると、相手がネットにいても怖く無い。

高いロブしか打てないと、いつもアウトと隣り合わせですから自分の技術が怖くなる。

さぁ、アナタはどっちでしょうか。

まぁ、あまり深く考えずに低めのロブをダブルスの試合から使ってみてください。

きっと目からウロコ、だと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

    ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。…

  2. ストローク

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性

    サーブレシーブからテニスはスタートする。最初のこの部分で勝負が…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆である

    私がつい最近、改めて感じた事。試合の中で崩れていく・・・ときの…

  4. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

    「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。…

  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  6. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?

    「深く打て!!」ショットを打つ時にはよく言われる言葉だ。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる
  3. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
PAGE TOP