テニス ロブ

ストローク

アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?

きっと、少ないはず。

シングルスの試合では、相手が前に出て来ないとなかなか使えないですよね。

だからこそ、意識が薄くなるし本当に効果的なロブ、について考える機会が少ない。

たまに打つだけだと、試合で効果的なロブ、は難しいのです。

 

アナタの試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

 

■ほとんどのロブは、軌道を高くアウトしていく

ダブルスの試合でもそうですが、ロブを打ち慣れていない人は軌道が高い。

そしてすぐにアウトする。

原因は簡単です。

打ち方が、ストロークと「違い過ぎている」から。

軌道もストロークと違う感じになり過ぎているから、試合向きじゃない。

「触らせないぞ・・・」という意識が強すぎても、アウトしてしまうと意味が無い。

結果的に相手のプレッシャーに負けた、というポイントになってしまうでしょう。

 

■軌道が低いロブは、なぜ効果的なのか?

まず、ストロークに近い軌道で打てればミスが減る。

少し高い軌道、深く打つくらいのストロークでそのままロブ、として使って良い。

ロブを特別なショット、にしなくて良いんですね。

そして、低いロブは抜けてから相手が追いかけるのが難しい。

ナチュラルなスピンがかかっていれば、バウンドさせても後ろ方向に伸びていくので試合で効果的に相手を追い込める。

この部分、高い軌道のロブには無い良さ、があると私は思います。

 

■低いロブの恐怖に、相手は試合中ずっとさいなまれることに・・・

相手からすると、「この選手のロブは低いし、抜けたらもう終えない・・・」と思うようになる。

そうなると、ポジションを下げてくれるしハイボレーも無理に触ってくれるようになる。

沈めるボールも効果的になるし、きっとネットに出てくること自体、「止めておこうかな・・・」と思うようになるはず。

ロブを効果的に使えれば、相手の勢いを折れる。

逃げるだけに使う、なんてもったいない。

それくらいロブは、ガンガン使って良い技術なんです。

 

低めのロブに自信があると、相手がネットにいても怖く無い。

高いロブしか打てないと、いつもアウトと隣り合わせですから自分の技術が怖くなる。

さぁ、アナタはどっちでしょうか。

まぁ、あまり深く考えずに低めのロブをダブルスの試合から使ってみてください。

きっと目からウロコ、だと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!

    飛び過ぎるとアウトするし、短いと打ち込まれてしまう・・・。トッ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ

    何度か書いてきました、スライスショットの必要性。草トーの試合を…

  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる

    全米オープンでも躍進が続く、大坂なおみ選手。試合の全てをチェッ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

    ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのボールを安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る

    試合の中で、ストロークが全然入らなくなる。入れようと思ってつな…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう
  3. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期で…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「ファーストボレーのアウトが多い」ときは、アンダースピンのかかり…
  5. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合で、セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?
PAGE TOP