テニス ボレー

ロブ

相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。

相手が2人前でスマッシュ、自分たちはコートの後ろで2人下がってロブ、で粘るというシーン。

この場面で、3回に1回でも良いので「ロブ側が勝つ」というポイントを作りたい。

そのためには、ただ返球し続けるだけじゃダメ、ですよね。

 

相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

 

1.深いロブから「スマッシュ以外」を引き出したい

確かに、テニスの試合ではスマッシュは返球するだけでも大変。

だけど、相手も強引なスマッシュばかり打っていては、確率が低い。

きっと、安全圏にスマッシュを打って来るような場面、もあるはずなんです。

そういう時に、しっかり「反撃の意識」を持てるかどうか。

まずは深いロブ、でバックハンドのハイボレーなんかを打たせると、最高ですよね。

とにかくスマッシュ以外、を引き出していく。

そこから反撃、が始まるのです。

 

2.スマッシュ以外のショットを引き出せたら、こちらも前にいこう!

2人がずっと後ろ、では厳しい。

パッシングショットで抜けば良い?それってきっと、ミスが多い選択ですよ。

一番は、やっぱり自分たちも前にいくこと。

厳しいロブから崩して、2人で前に詰めてボレー戦に持ち込むことがスマッシュ対ロブ、を攻略する一番良い手だと私は思います。

反撃の一手は、相手を下げさせてスマッシュ以外を打たせる、という一手。

そこから前に詰めていく、ことで相手はスマッシュで優位に立っていたところから慌て始める。

ずっと後ろでスマッシュを打たれ続ける、のではなく反撃のイメージをしっかり持ちながら対応していきましょう!

 

3.前に詰めていく姿勢を、相手にしっかり見せる

ポイントは、相手に精神的なプレッシャーをしっかりかけること。

厳しいロブを処理しながら、「え・・・前に来てる・・・どうしよう・・・」という心理にさせていく。

良いロブを打っているだけだったら、相手も楽なんですよ。

良いロブに、良いポジショニングまで組み合わせると、相手はプレッシャーに感じてくれる。

相手にしっかり見せるという意識があれば、反撃のマインドも持てるはず。

意識するだけで、ちょっとロブでの返球が楽しくなりませんか?

 

スマッシュを返して、反撃して、逆襲する。

こういうポイント、団体戦でも最高に盛り上がりますよね。

絶対、自分たちから作るんだという意識を持ってみる。

そこから全てが始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. ロブ

    意外と高いロブは、前衛が嫌がる

    ダブルスの試合で、走らされてロブ。それがもう、とにかく浅い……

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  3. テニス ボレー
  4. テニス メンタル

    ロブ

    トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

    試合に強い人は、常に相手を追い込むことを考えている。だからこそ…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣の時に前衛は、ポーチに出る?出ない?
  5. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ
PAGE TOP