テニス ストローク

練習メニュー

来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。

私も経験がありますが、球出し練習って気を付けないと試合とのギャップが生まれやすい。

練習で出来ているから、試合でも出来るだろうと思うと・・・全然出来ない。

そりゃ、そうですよね。

 

来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

 


 

■フォームの確認には使えるけど・・・

球出し練習は、ボールが飛んで来る場所も決まっている。

そして打つコースも、余裕を持って決めることが出来ますよね。

自分の中で、自分のフォームを固める練習にはなるけど、実際の試合とは「かけ離れたシチュエーション」であるということは覚えておきましょう。

でないと、球出しのボールを打っている自分が、「いつもの自分」と勘違いしてます。

 

■来る場所も打つ場所も決まっている、と人は「思考停止」に陥いる

テニススクールでもよく観るのが、こういう人たち。

単純な球出し練習で、何も考えることが出来ない、思考停止に陥っている人たち。

まぁ、そもそも試合に勝ちたいとか考えていない人が、こうなりやすいんですが・・・やっぱり危険。

気持ちよく打つだけなら、テニスではなくてエクササイズ。

試合に勝ちたいと思っている皆さんは、一球ずつ、必ず自分で考えてしっかり結論を出していく必要があります。

 

■球出し練習は、こうやって実戦的に変えていこう!

球出し練習も、工夫次第で実戦的な練習になる。

まず、「どこに来るのか」をランダムにして、打つコースも「ギリギリまで隠せる」ように意識する。

コースを隠すことに関しては、ボールに色付けをしてコースを打ち分けたり、後ろにいる人が「クロス!ストレート!」と声かけして打ち分ける、などの負荷のかけ方があります。

試合では、球出しで打っているネットの向こう側には対戦相手がいる。

このことだけは、常に意識してみて下さい。

 

球出し練習自体は、非常に大事な練習方法。

ただし、無意識で単純な練習になってしまうと・・・思考が停止したり構えが遅くなる、実はマイナスな要因も多く働いてしまう。

この危機感だけは、忘れないで下さい。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 練習
  2. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  4. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  5. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

  6. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い

    よくご質問頂くのですが、「練習で何をすれば良いのか、分からない・・・」…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える
  2. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  4. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、…
PAGE TOP