練習メニュー

「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。

でもだからと言って、やればやる程上手くなる訳じゃない。

そんなに普段の生活で時間が余っている訳じゃないし、体力的な問題も考えたら、効率良く練習しないといけない。

やるべきことを的確にやっていかないとね。

 

「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

 


 

では、練習では何が求められるか。

まずは打つための技術習得を目的とした基礎練習だね。

それから実戦的な動きの練習、それから相手の観察、配球パターン、メンタル強化や自分自身をコントロールさせるための思考・精神部分の練習。

 

大きくこの3つを行わないといけない

基礎練習は、今現在自分が出来る技術の確認と今後自分がやろうとしている技術の研究、これらをちゃんと分けて行い、自分が実戦でやるべき事とちゃんと自分はそれが出来るんだってことを自分自身に命令し、洗脳することが重要。

実戦的な動きの練習は、それをコートの端から端まで動いて、基礎練習で意識した技術をフットワークと組み合わせて調整する練習。

トレーニングもこの練習の中で行っていきたい。

 

テニスのトレーニングは、テニスの練習の中で行うのが理想だからね

そして思考・精神部分の練習は、ミスしてはいけない、

攻めなくてはいけない、相手をどう崩そうか、自分自身をどう立て直そうか、相手の弱点はなんだ?、相手はこちらの
何を狙っている?・・・など、試合中に考えなきゃいけないこと、

不安に思うこと、恐怖に感じること等と、どう向き合っていくかを実際日々の練習の中であえて作り出して対処法を考える練習。

これら3つの要素を順番に行っていくのも良いんだけど、出来れば一つの練習メニューの中で、3つの要素を意識してそれぞれが行うことが出来れば一番効率がいいでしょ?

例えばショートラリー、一見地味なこの練習も、3つの要素を取り入れられる。

まずは簡単なボールのラリーだから基礎練習の要素はあるでしょ?

それでも相手のボールがちょっとずれたりすることもあるので、それをきっちり動いて完璧なポジションを得ようとすれば動きの練習にもなるし、ショートラリーと言えども相手より先に絶対ミスをしない、完璧なショートラリーをしてやる、スライスと途中で急に混ぜてやろう・・・なんて気持ちを持ってやれば、自分へプレッシャーも作ることが出来る。
 



 

そのプレッシャーの中でいかに安定したプレーが出来るか模索すれば、それは十分思考力アップ、メンタル強化の練習に繋がる

この3つの要素の中で一番皆が気になるのは技術なんだよね。

「いいショットが打てるようになりたい」そう思ってしまうんだけど、いいショットが打てるようになっても、それをコートの端に走らされたらダメダメだと意味ないし、大事な場面や負けている時には打てないなんて事だと使いもんにならない。

技術、動き、そして思考・精神、心技体の3つを全てを短時間でバランス良く練習しないと、無駄とは言わないが効率の悪い練習になってしまうよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. その練習を、疑おう
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. 練習メニュー

    上級男子ダブルス、に必須の練習とは?

    男子ダブルスの試合で、もっともっと、上の相手に勝ちたい。そう考…

  2. 練習メニュー

    ラリーを楽しみたい?甘えるんじゃないよ

    最近、私が練習していて感じること。私自身、テニスの練習ってこ…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

    つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。でも、それが…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

    雨の日は部活もサークルも休み。とは言え、体育館も使えないし、使…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

    部活でのラリー練習、皆さんはどんな雰囲気ですか?そもそも、ラリ…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

    シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!
  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    寒い冬の時期、テニスのトーナメント大会で「初戦で特に、注意すべきこと」について
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
PAGE TOP