テニス ボレー

戦術

テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。

でも目の前にして、アナタ自身はどうでしょう?

しっかり崩れず、仕留めることに自信はありますか?

しっかり日頃から、自分が相手を崩して勝つんだという意識が大事。

その為に、意識したいことを改めてまとめておきますね。

この辺りに関しては、テニスの技術レベル、は関係無いでしょう。

 

テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

 

1.対戦相手に同情しない

試合には、勝つか負けるか。

対戦相手に同情している時間、余裕はないですよ。

ダブルフォルトを繰り返してゲームを落とす、その光景を見ながらも冷静に、自然な状態で自分もサービスゲームに入っていけるように。

どこかで、かわいそうだなと思う気持ちが湧いて来るかも知れません。

そんなときには、「この選手はこのあと自分に負けるし、もっとかわいそうな想いをすることになるな」と考える。

あくまで、冷静に、冷徹に。

それがテニスの試合ですから。

 

2.崩れたときにこそ、相手の本筋をケアする

人は追い込まれると、その人の本性が出る。

ストロークが得意な人はストロークに固執するし、ネットプレイヤーはどんどん前に出てくるでしょう。

「もう、吹っ切れるしかない!」と思って、相手は来るはず。

そこで、アナタはその相手の考えをしっかり見通しておかないとダメ。

「苦しくなったら、きっとこう来るな」というのは、試合の序盤にチェックしておくこと。

崩れて来たら、相手のプレーは淡泊になるはず。

慌てず待ち構えておけば、仕留めることが出来るでしょう。

 

3.アナタ自身が隙を見せない

隙、とは何でしょう?

本当にちょっとしたことです。

セカンドサーブが増える、リターンミスが出る、前衛が消極的になる・・・。

テニスの試合って、相手が崩れてもリードしている方が弱気になると、逆転を許してしまう。

隙を見せていないつもりでも、試合で逆転されることが多い人は、もっと理想を高く、自分に厳しく。

相手に希望を与えない為に、相手が崩れて来たときこそ、自分に厳しくプレーの精度を上げていきましょう。

 

4.「もうダメだ」と思わせるひと押し、のプレーが出来る

相手の希望を打ち砕く、ギアを上げたようなショット。

アナタ自身、しっかり持ててますか?

私なら、ワイドへのサーブ。

これは普通は使わないで隠しておいて、デュースサイドから、「ここぞ」というときに使う。

それも、相手が自信を無くしている、試合を諦めそうな時に出すことで、「もうダメだな」と思ってもらう。

こういうひと押し、ぜひみなさんも自分のプレーの中からひねり出して欲しい。

「今の自分には、無いな・・・」という方こそ、作りましょう。

その小さなアクションが、アナタをテニス選手として「仕留められる選手」に変えていけるのですから。

 

細かい部分で、抽象的な部分。

でも、相手を仕留めるって、漠然と考えているだけだと難しいですからね。

テニスの試合は、逆転が多い。

そういうルール設定、と覚悟しましょう。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

    大事なポイントでは、誰でも緊張する。それを「メンタルが弱い」と…

  2. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と…

  3. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー

    テニスは個人競技、そして得点をゲームの中で積み上げていくルールです。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない

    先日のニュースで、「日本には頭の良い選手があまりいない」という発言が話…

  5. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

  6. 戦術

    「自分と試合やるの、やだろうな」

    と、いかに相手に思ってもらうかどうか。自分自身にも、暗示をか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「怒り」への対応策は持っているか?
  3. テニス ダブルス

    戦術

    下がれば下がるほど、テニスは技術と体力が要る
  4. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  5. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
PAGE TOP