シングルス

「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。

何度も書いてきましたが、「でもただ返球し続けるだけじゃ、勝てないのでは・・・?」という質問も、多く頂きました。

確かに、本物の格上相手では普通に粘っていても攻撃されて粘り切れない。

ポイントは、いかに「相手からミスをもらうか」です。

シングルスの試合で改めて、この問題について考えてみましょう!


1.シングルスの試合も、基本はセンターセオリー

苦しいときには、センターに深く返球、が基本です。

真ん中の深い位置からは、相手も角度を付けた攻撃がし辛い。

無理してミスしてくれるような可能性が高くなる、ので有効です。

センターからの攻撃には、きっと耐えることが出来る。

困ったとき、とにかく左右に走らされたときには、相手コートの奥深くセンターを狙って返球しておきましょう。

→YouTube公式チャンネルへの登録はコチラ



2.バックハンドの浅い箇所を狙う

バックハンドの少し浅い箇所、は狙い目です。

なぜなら、フォアハンドで無理して周り込んでくれる可能性が高いから。

無理した回り込み、で浅いボールなので打点も低い・・・ので、実はミスを誘える球種になりやすい。

出来ればアナタがスライス回転のショットを打って、打点を下げさせることが出来ると良いでしょう。

相手が両手バックハンドの使い手、であればきっと有効です。



3.緩いファーストサーブでリターンミスを誘う

意外と有効なのが、緩いファーストサーブ。

そう、ファーストサーブを少し遅めに打つポイントを作ると、相手はタイミングがずれてリターンミスをしてくれる可能性がある。

合わせるリターンが上手い選手、ファーストサーブも厳しく攻撃されているようなときには、こういう緩いボールも積極的に使っていきましょう。

思った以上に、効果的だと思いますよ。



4.当てて返球、で粘るのではなく回転はしっかりかける

粘れない選手のストロークは、回転量が足りない。

ボールに合わせて返球しているだけだと、相手は打ち込みやすい。

粘るにせよしっかりラケットは振り切る、回転をかけることはストロークで絶対に意識を強く持ちましょう。

その為には、まず準備を速く。

そしてアウトになっても良い、くらいのつもりでしっかりラケットは振り切ること。

バウンド後も伸びるボールを打ってこそ、相手はミスしてくれるのがテニスです。



5.粘る中でもどこかで「ネットプレー」を入れる

ただ粘っている相手、はやっぱり怖く無い。

だって攻撃してくる雰囲気が無い、と相手は精神的に楽。

「この相手は、攻撃はしてこないな・・・」と思わせておいて、実は試合の中盤から急にネットに出てみる。

と、相手は急に焦り出してミスも増えるでしょう。

精神的な揺さぶりをかけるからこそ、相手はミスをしてくれる。

待っているのではなく、ミスは積極的にもらいにいきましょう。



粘っている中でも、しっかり工夫をして相手の出方を伺う。

細かい変化、見逃してはいけません。

小さい発見が、アナタの勝利の種になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

    普段の練習では疲れないのに、試合になると途端に疲れが出て後半は痙攣して…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

  3. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、「リズム良くサーブを打ってくる、調子が良さそうな相手」には、深いリターンで正面を…

    昔のアガシ選手がそうでしたが、サーブをリズム良くポンポン打ってくる相手…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めて…
  2. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう
  3. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本
  4. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  5. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
PAGE TOP