テニス メンタル

シングルス

シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

人は、誰でも恥をかくことが怖い。

テニスの試合でも、格下相手の選手に負けてしまう怖さ、ありますよね。

でもそこから逃げてばかりいると・・・トーナメントを勝ち抜く選手には、成れません。

 

シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

 


 

■テニスのトーナメント大会は、徐々に相手が強くなってくる

実際のテニスの試合を、考えてみましょう。

まず初戦、その次の試合・・・と、相手は徐々に強くなっていきます。

アナタの実力次第ですが、ほとんどの試合では、大体2~3試合目に、自分と同じくらいの選手と対戦する。

そんなイメージじゃないでしょうか。

その前には、しっかり実力で劣る相手に勝ち切らないといけません。

 

■練習試合から、しっかり相手を選んでますか?

練習試合、つい楽しくて自分と同じくらい、または自分よりも格上の相手を選んで試合ばかりしていませんか?

下級生や、様々な「普通にやれば、勝てる」相手とも、意識して多く試合をこなすようにしましょう。

そうしないと、実際の試合で1回戦、思わぬ苦戦を強いられるかも知れません。

また部活やチームであれば、そうやってアナタ自身が試合をすること自体、一番のチーム力の底上げになるのです。

 

■「格下との対戦」で磨かれるメンタリティーは、試合で活きる

メンタル面で自信が無い、試合で弱さを出してしまう人は、こういった「厳しい」環境へ自分から挑んでいきましょう。

格下との試合は、厳しいのです。

勝って当たり前、負けたら騒がれる・・・。

そんな経験、できればしたくないと思うのは、テニス選手ならずとも当然のこと。

改めて強い意志を持って、練習試合を組んでみましょう。

 

今年の全日本テニス選手権試合、まさに添田選手はこの環境に意図的に身を置きました。

勝っても何も得るものは無い。

負ければ「世代交代」など非難にさらされる・・・。

それでも彼は、今自分自身が「甘えた」状態にあるとの危機感を抱いて、有明に戻ってきました。

その勇気に頭が下がります。

決勝では残念ながら敗退となりましたが、その選択は、既に勝者に値する。

アナタ自身ぜひ、自分のこととして考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

    シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるで…

  4. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

特集記事

  1. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
  2. テニス センス

    メンタル

    テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  4. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  5. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
PAGE TOP